プロフィールにゃ

ドクターアキヤマ

Author:ドクターアキヤマ
ドクターアキヤマ(通称「博士」);
現役大学教授(工学部).
専門は化学.
誕生日:アインシュタインと一緒.
(ほしのあきさんと五木ひろしさん
とも一緒)
趣味:レトロな物コレクション.

かずみ;
工学部の??年生.
4兄弟の2番目で、おじいちゃん、
おばあちゃんも同居しているという
8人家族.
工学部に進んだ理由は“数学が苦手
だから敢えて挑もうと思って...”.
なぜか用も無いのに
博士の研究室に入りびたっている.


カレンダーにゃ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事にゃ


最新のコメントにゃ


最新のトラックバックにゃ


月別のアーカイブにゃ


カテゴリにゃ


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ポケコン&電子手帳
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。



博士:これが、シャープが昭和61年の12月に発売した
    定価19,800円の電子手帳PA-7000じゃ。

博士:この後の電子手帳の原型となった画期的な機種じゃ。

かずみ:原型って?PF-8000と何が違うの?

博士:このPA-7000じゃが、たいした機能はないんじゃ。

博士:そこの入力パッドを見て分かるように...



博士:持っているのは、カレンダー、スケジュール、計算、
    電話、メモ機能ぐらいじゃな。

かずみえっ、電話ができるの?

博士:そうか...誤解をまねく言い方だったな。
    電話帳機能じゃな。

博士:名前から電話番号と住所を呼び出せる機能じゃ。

かずみ:なんだ、これで電話できるわけじゃないのね。

博士:当たり前じゃ。
    この頃の携帯電話なんて
    ショルダーバックぐらい大きくて、
    肩から掛けて使ったもんじゃ。

博士:今のスマホなんてまるでドラえもんの
    秘密道具じゃ。

博士:それに、庶民が個人で持てるものじゃなかったぞ。
    どうしても必要なら電話会社からレンタルして...

かずみ:はい、はい、博士の携帯昔話はいいから。

かずみ:つまり、このPA-7000は
    紙の手帳+電卓の機能を持つってわけね。

博士:まあ、そういうわけじゃ。

博士:PF-8000と違って手書き認識なんて冒険もしとらんし、
    普通の手帳の代りじゃな。

かずみ:なるほど、わかったわ。
    でも、画期的な機種って?

博士:そこなんじゃよ。

博士:このPA-7000は、
    拡張が簡単で色んな機能を付け足せたんじゃ。

かずみ:ん、どういう事?

かずみ:パソコンやスマホみたいに、
    アプリをインストールすると
    色んな機能が使えるって事?

博士:ま、当たらずと言えずとも遠からずじゃな。

博士:さすがにこの当時の技術じゃと、
    このサイズには大きなメモリは搭載できないし
    アプリのインストールなんて無理じゃが、

博士:別途、専用機能を持ったICカードを挿す事で、
    色んな機能をプラスする事ができたんじゃ。

かずみ:ふ~ん...ICカードって?

博士:例えば、こんなやつじゃ。



博士:これは英和辞書と和英辞書のICカードじゃ。

かずみ:つまり、このカードをPA-7000に挿すと、
    英和・和英辞書になりますってことねわけ。

博士:そうじゃ。
    じゃあ、英和辞書を挿して...



博士:さっそく、“doctor”って入れて



かずみ:...
    やっぱり“それ”をやりたいわけね。

博士:変換じゃあ~



博士:ほれ、“医者、博士”じゃ。

博士:わしとしては“博士、医者”って出ないのが、
    気に入らんが許容範囲じゃな。

博士:ほれ、これなんて技術計算カードっていってな...



博士:これを挿せばPA-7000が関数電卓に
    早変りするわけじゃ。

かずみ:別に“早く”はなさそうだけど、
    関数電卓に変身するってことね。

かずみ:そんなに色んなカードが売ってたの?

博士:そうじゃよ。
    電子辞書にもなるし、関数電卓にもなるし、
    ゲームができたりも...

博士:このPA-7000以後に発売された電子手帳は
    ICカードを挿せば機能拡張ができるというのが
    一般的になったんじゃ。

かずみ:へ~っ、便利そうね。
    ゲームなんて博士好みじゃない。

かずみ:じゃあ、ICカードをガンガン買い足せば、
    超多機能になるわけね。

博士:まあ、理論上はそうじゃな...

かずみ:...何か奥歯に挟まってるの?

博士:ICカードがちょっと高くてな。

博士:例えば、和英カードが13,000円、
    英和カードが16,000円...

かずみ:本体はいくらだっけ?

博士:19,800円...

かずみ:...

博士:ほれ、別途電子辞書を持つと考えれば、
    場所はとらんし...
    技術計算カードなんて格安の7,000円じゃ。

かずみ:ふ~ん、(¬¬)格安ねぇ~...

かずみ:で、BASICはどこに行きあそばされたのかしら?

博士:BASIC?
    あ、そうかBASICじゃな。

博士:じつはBASICが使えるICカードも発売されたんじゃ。

かずみ:つまり、ポケコンみたいに
    BASICでプログラムできるって事ね。

博士:まあな。
    ただ、残念ながらPA-7000じゃ、
    ちょっと性能が低くてな。

博士:本体のみでBASICが使えるカードは、
    DB-Zハイパー電子手帳用のこれなんて...



かずみ:あっ、いけね。
    約束があったんだ。

かずみ:博士、続きは、また、こん...
    あっ、そうか...

博士:ん、なんじゃ?

かずみ:...いや、なんでもないわ。
    博士っ、楽しかったわよ。

博士:楽しかった???
    ...まぁ、それならよかったわい。

かずみ:じゃあ、ヾ( ´ー`)ノ

博士:ああ、じゃあな...(・_・?)


コメント

そういやあ「こち亀」で、電子手帳の将棋ソフトに部長が大ハマりするエピソードがありましたね。

今となっては隔世の感があります。

電子手帳のころから、ちょっとわたしはこうした計算機器から離れる生活になってしまいました。要するに病気をしまして……とほほほ。気がついたらスマホに。浦島太郎の感であります(^^;)

おぉ、懐かしい!!

こんばんは!ドクターv-290

この記事見て思い出しましたv-410
私、当時電子手用が、欲しくて欲しくてしょうがなくて、
予算的に安いシャープにするか、ちょっと高いけど世界時計機能がある
CASIOにしようか、すごく悩んでCASIOの製品[CASIO DK-E810]を買った記憶があります。
 →結果的に世界時計は大して使いませんでしたがね(笑)

そうそう、ICカード、値段がすごく高くて、オセロのICカードとか欲しかったんですけどね。
小学生の私には手が届きませんでしたよ!

それが今じゃ、タンスの肥やし[まだ一応現物はあります]。。。
こんな時代でも、電子手帳はオークションとかで売れるのかな(笑)!?

これからも面白い記事期待していますね!

これ、さわったことあります

メカ好きの人が持ってて。拡張カードの高かったことったら。
今のスマートフォンみたいなことが本当はやりたかったんだ
ということがわかりますが、とてもじゃないけど本を持ち歩く
方がよっぽど早いというようなものでしたねえ。

RE:ポール・ブリッツ様、

コメントありがとうございます。

私も電子手帳が現役の頃は縁遠かったですね。
ポケコンからパソコンに進みましたから。
(正確には併用ですかね)
でも、電子手帳もポケコンと同じく、
スイッチオンですぐ利用という
手軽さがあったみたいですね。

スマホは立ち上がるのに時間がかかるし。
まあ、スマホは電源を切らないものなのでしょうが。

RE:BooKen様、

コメントありがとうございます。

そうそう、その機能が欲しくて買ったのに、
結局利用しないって一杯ありましたよね。
というより、今でもありますよね。

昔から企業さんのコマーシャルはお上手ですから。
「おーこれはすごそう(便利そう)だ」と
思わせるのですよね。
まあ、だからこそ技術の進歩はあるのかもしれませんが。

RE:momo様、

コメントありがとうございます。

そうそう、ある意味いまのスマホの先取りですよね。
当時の技術力がICカードを要求したという事で。
この後PDAがでてやっぱりちょっとだけブームになって。
いまはスマホで。
で、メガネになるのかしらん???

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ドクターアキヤマのレトロな計算道具たち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。