プロフィールにゃ

ドクターアキヤマ

Author:ドクターアキヤマ
ドクターアキヤマ(通称「博士」);
現役大学教授(工学部).
専門は化学.
誕生日:アインシュタインと一緒.
(ほしのあきさんと五木ひろしさん
とも一緒)
趣味:レトロな物コレクション.

かずみ;
工学部の??年生.
4兄弟の2番目で、おじいちゃん、
おばあちゃんも同居しているという
8人家族.
工学部に進んだ理由は“数学が苦手
だから敢えて挑もうと思って...”.
なぜか用も無いのに
博士の研究室に入りびたっている.


カレンダーにゃ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事にゃ


最新のコメントにゃ


最新のトラックバックにゃ


月別のアーカイブにゃ


カテゴリにゃ


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ポケコン&電子手帳
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。



博士:これが、わしが大学生の頃無理して買った
    昭和61年発売のシャープのポケコン
    PC-1360Kじゃ。

かずみ:わっ、なんか画面が汚れてるわよ。
    きったないわね~。



博士:まあ、学生の頃、実験をやりながら使ったものだからな。

博士:確かアセトンか何かを画面に
    一滴落としてしまったんじゃ。

かずみ:石鹸付けてこすれば取れるんじゃないの?

博士:無理じゃよ。
    画面のカバー自体が溶けとるからな。

博士:まあ、名誉の負傷ってやつじゃな。
    (^○^)オッ、ホッ、ホッ、ホ。

かずみ:...
    何が名誉なのか分からないけどね...

博士:このPC-1360Kは定価が36,800円だったんじゃ。
    PB-100が14,800円なのに比較して、
    2倍以上の値段じゃ。

博士:まあ、この頃は物価も年々上がるし、
    少しぐらい価格が上がるのは常識なんじゃが、
    それでもこのPC-1360Kは高級機だったんじゃ。

かずみ:ふ~ん。
    でもどうして、無理してそんな高いポケコンを買ったの?

博士:実はこのポケコンには、
    わしの購買欲をそそる魅力があってな...

かずみ:可愛い声で名前を呼んでくれるとか?

博士:そうそう「アキヤマく~ん」って
    鼻にかかった可愛い声でな...って

博士:そんな機能はないわ!

かずみ:じゃあ、ビキニの綺麗なお姉さんが出てくるとか?

博士:そうじゃ、そうじゃ、この画面一杯に、
    もう、妄想全開モードに突入じゃ...って

博士:そんな機能もない!!

かずみ:じゃあ、何よ、博士が“にやける”機能って?

博士:“にやける”何て一言もいっとらんじゃろう。
    漢字が使えるんじゃよ、漢字が。



かずみ:漢字なんて別たいした事ないじゃない。
    私にとっては漢字が使えないって事の方が
    ビックリなんだけど。

博士:...ほれ、PB-100なんて、
    かな文字さえ出せなかったんじゃぞ。

博士:PC-1500は高級機じゃからカタカナは出せたが
    別売りモジュールか
    テープから読みこむ事が必要なんじゃ。

博士:それに、思い出してみろ
    CANONの漢字字典が発売されたのが
    ほんの数年前じゃ。

博士:読みから漢字に変換してくれるだけで
    電子“字典”って名のれたんじゃ。

博士:ポケコンで漢字が出せるなんて
    ちょ~画期的なんじゃぞ。

博士:それにこのPC-1360Kは
    5万語の文節変換辞書を内蔵しとるんじゃ...

かずみ:はい、ストーップ!!

かずみ:結局まとめると、
    漢字が出せる機能に惹かれて
    無理してこれを買ったってわけね。

博士:...まあ、そういうことになるかな。

かずみ:でも、そんなに漢字ってメリットがあるの?

博士:そうじゃな...じゃあ、
    さっきの半径から円の面積と円周を
    求めるプログラムを漢字を使って組み直してみるか。

かずみ:円の面積と円周ねぇ...

博士:まず、2行モードにしてっと...

かずみ:ん、何?2行モードって?

博士:さっきの画面は4行表示のモードじゃが、
    漢字はたくさんのドットが必要だから、
    2行モードじゃないと表示できないんじゃ。

かずみ:???

博士:つまり、画面に2行表示できるモードにすることで



博士:こんな風に2行×9文字の漢字の表示が
    可能になるんじゃ。

かずみ:ふ~ん...でも、なぜ、猫...

博士:じゃあ、プログラムの入力じゃな、
    ポチ、ポチ、ポチ...
    ポチ、ポチ、ポチ...

博士:よっしゃ、完成じゃ。
    漢字が使えるから格段にわかり易くなったぞ。

かずみ:あっ、そうですか。

かずみ:じゃあ、RUNっと。



かずみ:半径は?ね、ハイハイ、じゃあさっきと同じ2.5ね。



かずみ:で、答えが、



かずみ:面積は19.625で、円周は15.7ね。

かずみ:PB-100と一緒ね。
    ま、当たり前だけど。

博士:どうじゃ、漢字は便利じゃろう。

かずみ:まあ、そうね~
    確かにローマ字と違って
    見た瞬間に頭に入ってくるのは確かだけど...

かずみ:う~ん...

博士:...さっきも言ったじゃろう。

博士:当時はこのコンパクトボディで
    漢字が表示できるだけで、
    画期的なマシンだったんじゃ。

博士:それも5万語の辞書搭載じゃ。
    その気になれば出先で
    ワープロ代わりなんて事も可能だったんじゃ。

かずみ:えっ、博士ってこれで文章を打ってたの?

博士:...ま、使えなくもなかったじゃろうな。

かずみ:つまり、やったこと無いわけね。

博士:...

博士:他に漢字機能が搭載されていたのは、
    同時期に売られていたPC-1600Kぐらいじゃな。

博士:思ったほど需要も無かったのかもしれんな。
    文章を打つにしては画面が小さいし、
    どうしても高価になるし...

かずみ:まあ、いいわ。
    PB-100やPC-1500より、
    進化しているのも確かみたいだしね。

博士:そうじゃ、一時期は、
    理系の学生や技術者は関数電卓じゃなくて、
    ポケコンを買ったもんじゃ。

博士:パソコと同じように
    BASICでプログラムを組めるというのは
    大いなる魅力だったからな。

かずみ:でも、今はポケコンなんて売ってるの見ないし、
    その存在自体聞いた事もなかったんだけど。

かずみ:授業でも「関数電卓を買いなさい」っては
    言われるけど、
    「ポケコンを買いなさい」っては言われないし...

博士:まあ、パソコン=BASICってことがなくなったからな。
    BASICが使える関数電卓も
    ほとんど意味をなさなくなったわけじゃ。

博士:それにパソコン自体コンパクトになったし、
    必要だったらパソコンを持ち歩けば良いわけじゃ。

博士:まあ、今はそのパソコンも、その地位を
    タブレットPCやスマホに脅かされておるがな。

博士:そうそう、BASICと言えば、
   あれもBASICが使えたりするな...

博士:え~っと、あれは、この棚の
    ここら辺に入っとったはずなんじゃが...。


コメント

でも、簡単だけれど煩雑な計算をするとき、プログラムさえ組めばまじめに計算をこなしてくれるポケコンのBASICが懐かしいのも事実です。今ではエクセルを立ち上げないといけませんからねえ……。

これ見たことあります。。。

私ではありません。結構、打ち合わせの時、、

活用してたな~~ 彼、、、

そんな思い出が、、、<(_ _)>

RE:ポール・ブリッツ様、

コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、スイッチ入れてすぐに使える
便利さがありましたよね。
BASICでプログラムは一般常識でしたし。
(あ、ポケコンを買うという“一般の人”限定)
でも、今ではBASICは...
ましてやFORTRANやPASCALなんて。

RE:AGA様、

コメントありがとうございます。

PC-1360Kを活用されていた方がいらしたのですね。
私、持ってはいましたがあまり活用しなかったな~
少なくとも“漢字”は...
当時はパソコンでも漢字は重いので苦労してましたからね。
Windows以前の国民機はテキストVRAMを持ってて
高速な漢字表示を実現していましたが...

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ドクターアキヤマのレトロな計算道具たち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。