プロフィールにゃ

ドクターアキヤマ

Author:ドクターアキヤマ
ドクターアキヤマ(通称「博士」);
現役大学教授(工学部).
専門は化学.
誕生日:アインシュタインと一緒.
(ほしのあきさんと五木ひろしさん
とも一緒)
趣味:レトロな物コレクション.

かずみ;
工学部の??年生.
4兄弟の2番目で、おじいちゃん、
おばあちゃんも同居しているという
8人家族.
工学部に進んだ理由は“数学が苦手
だから敢えて挑もうと思って...”.
なぜか用も無いのに
博士の研究室に入りびたっている.


カレンダーにゃ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事にゃ


最新のコメントにゃ


最新のトラックバックにゃ


月別のアーカイブにゃ


カテゴリにゃ


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ポケコン&電子手帳
博士:このPC-1500は、シャープが昭和55年に発売した
    BASICが使える初代のポケコン
    PC-1210の兄貴分じゃな。

博士:PC-1210の発売が爆発的な
    “ポケコン”ブームを巻き起こしたんじゃ。

かずみ:ピカチュウとか?

博士:それはポケモン。
    これはポケコン。

かずみ:...なるほどね。
    つまりPC-1210がSHARPのポケコンの走りってわけね。

博士:...実はPC-1200っていう
    シャープのポケコンが昭和52年に
    発売されとるんじゃ。

博士:しかしPC-1200はBASICが使えないし、
    エルシーメイトって名のってるし...

博士:プログラムできる関数電卓という方が
    妥当というか...

かずみ:歯切れが悪いわね。
    BASICが使えないのなら
    ポケモンじゃないんじゃないの?

博士:だが、堂々と“POCKET COMPUTER”って
    名のってるんじゃ、ほれ。





かずみ:本当だ。
    ちょっと擦れてるけど、
    “POCKET COMPUTER”って書いてある。

かずみ:じゃあ、博士のBASICが使える関数電卓が、
    ポケモンって定義がおかしいわけね。

博士:...
    まあ、基準があったわけじゃないからな。
    それとポケモンじゃなくてポケコンな。

博士:ちなみに、このPC-1200はその存在が忘れ去られた
    幻のポケコンと言われとるんじゃ。

かずみ:ミュウ みたいなやつか...
    まあ、いいわ。
    つまりこのPC-1500がそのPC-1210の上位機なわけね。

博士:まあ、そうじゃなぁ~
    上位機という定義が難しいなぁ~
    まあ、同じメーカーの別系統というか...

かずみ:...
    ハッキリしなさいよ!!ハッキリ。

博士:しょうがないじゃろう。
    適当なキャッチフレーズを名のるも自由だし、
    同じメーカーからも
    色んな機種が開発されて売り出されとったし...

博士:明確に“こう”とは言えないんじゃよ。

かずみ:...わかったわよ。
    で、このPC-1500ではBASICが使えるわけね。

博士:そうじゃよ。
    なんとメモリ容量も3.5KB(キロバイト)の大容量で
    グラフィックも使えるんじゃ。

博士:当時の少年少女の憧憬の的のポケコンじゃ。

かずみ:...
    当時は、マニアックな少年少女が多かったのね。

かずみ:それに何?メモリ容量って?
    パソコンでメモリを2GB(ギガバイト)積んでる
    とか言ってるやつ。

博士:そうじゃよ。
    まあ、PC-1500はメモリを3.5KB積んでるが、
    実際にユーザーが使えるのは2.6KBじゃ。

博士:今のパソコンの2GBと比べると、
    100万分の1よりちょっと多いぐらいじゃな。

かずみ:...
    多分聞き間違えだと思うけど...
    100万分の1???

博士:別に聞き間違えじゃないぞ。
    100万分の1よりちょっと多いぐらいの
    メモリ容量じゃ。

かずみ:それ、無いに等しいんじゃないの?
    1円と100万円の差みたいなもんでしょ?

博士:そんな事はないぞ。

博士:漢字1文字も2バイト使えば表示できるんじゃ。
    2.6KBあれば400字詰原稿用紙3枚ぐらいの
    内容を記憶できることになるぞ。

かずみ:原稿用紙3枚ねぇ~┐(´-`)┌

博士:...

博士:当時はこれでも凄かったんじゃよ。
    大体最近の2GBのメモリっていうのが大きすぎるんじゃ。
    原稿用紙250万枚じゃぞ。

博士:原稿用紙4枚で1頁、250頁で本1冊とすると、
    本2,500冊の容量じゃ。

博士:メモリはまだしも、
    ハードディスクなんてTB(テラバイト)じゃ。

博士:つまりさらに千倍じゃから、
    2TBのハードディスクは本250万冊の記憶容量じゃ。

博士:人間80年生きるとしても、3万日ぐらいの寿命じゃ。

博士:250万冊なんて、
    常人では一生かかっても読みきれんわ、まったく。
    ブツブツ...

かずみ:わかった、わかった。
    そう興奮しないで、ドウドウ。

かずみ:つまり、ちょっとしたプログラムなら
    2.6KBでもOKってわけね。

博士:まあ、そうことじゃ。
    それにPC-1500はマシン語も使えるんじゃ。

かずみ:なに、魔人語???

博士:そう、そう、
    “呼ばれて飛び出てジャジャ ジャジャーン”じゃ。

かずみ:...

かずみ:それ、魔人じゃなくて、大魔王だし。

博士:...え~っ、おっほん
    マシン語なマシン語、機械語とも言うがな。

かずみ:だから、それ何?

博士:BASICと同じ、プログラムするための言語じゃ。

博士:BASICは人間の普通の言葉に近いように作られた言語、
    いわゆる高級言語じゃが、
    ポケコンはそのままでは理解できん。

博士:つまり、プログラムを実行するときには
    ポケコンが理解できるように翻訳する必要がある。
    だが、マシン語はポケコンが直接実行できる
    言語なんじゃ。

博士:非常に高速に実行できるから、
    シューティングゲームなどのアクションゲームの
    プログラムにはマシン語は必須だったんじゃ。

かずみ:えっ、この小さな液晶ディスプレイで
    ゲームなんてやってたの?



博士:そうじゃよ。
    この156×7ドットの白黒ディスプレイで
    思う存分ゲームを楽しむことができたんじゃ。

かずみ:156×7ドットで?...思う存分?

博士:まあ、たとえるなら、
    横が156mmで縦が7mmの方眼紙みたいなもので
    その中の1mm×1mmのマス目を塗りつぶして、

博士:絵を描いたり、キャラクターを動かしたりして、
    ゲームを作製したってことじゃな。

かずみ:はあ、そうですか...
    また、ずいぶん楽しそうなゲームですこと...

博士:...

博士:スペースインベーダーが大ブームを起こしたのが
    昭和53年じゃ。

博士:つまりテレビゲーム時代の到来じゃな。
    それがパソコンブームに繋がった。
    だが、パソコンは一通り揃えると50万円コースじゃ。

博士:それに対してポケコンはその十分の一の価格じゃ。
    少年少女の救世主がポケコンだったんじゃ。

かずみ:ふ~ん、パソコンって随分高かったのねぇ~。
    その代わりってわけね。

博士:まあ、コンパクトだし、軽いし、電池で動くし、など
    パソコンにない利点も結構あったがな。

かずみ:で、このPC-1500っていくらで売ってたの?

博士:定価が59,800円じゃ。

かずみ:結構なお値段ね。
    今それだけ出せばノートパソコンが買えるわね。

博士:当時は物価も安いしな。
    当時の大卒の初任給の半分ぐらいの値段じゃな。

かずみ:初任給の半分って...
    さっき、博士“少年少女の救世主”って
    言わなかったっけ?

かずみ:そんな高いもの
    子供が買えるわけないじゃない?

博士:まあな、PC-1500は“憧れの的”の方じゃな。
    社会人が買うポケコンってとこかな。

博士:少年少女の救世主って言えば、あれじゃな。

博士:え~っと、あれは、この棚の
    ここら辺に入っとったはずなんじゃが...。


コメント

おおっ。ついに「あれ」ですか!

今はエミュレータも出ているみたいですね。昔のパソコン雑誌みんな処分しちゃったので、再びゲームを打ちこめないのが悲しいですけど(^^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ポケコン、懐かしいですね。
ボクも高校生の時ハマってました。
ベーシックでロールプレイングゲームを作って友達に遊ばせていましたよ。

はじめまして

はじめまして、MY HOBBY管理人のアジアパラダイスと申します。私は昔光学関係の仕事をしていてレンズやプリズムなどを作ってました。その過程で専門的な計算は必須でポケコンはその時に重宝しました。FX702Pは今でも持ってます。ドクターアキヤマ氏の記事を読んでいて頷くことばかりです。今度はどんな計算機が出てくるか楽しみにしてます。

10年ちょっと前に大学に行ったら生協が未だポケコンを売っているのを見て、衝動買いしそうになった事がありました。でも当時でも何を計算する必要があるのだろうかと疑問に思って思いとどまりました。
 数KBの記憶容量も、実際プログラムを組んでみれば十分に広大で、チャレンジングな事が出来ていたのを想うと、今は妙に堕落したコードしか書けてないように思います。

RE:ポール・ブリッツ様、

コメントありがとうございます。

あれの登場...合ってますかね?
でもポケコンって今でもマニアっぽい方が
結構いらっしゃるんですよね。
ネット上にもあちこちと...

RE:うたまろ またお様、

コメントありがとうございます。

ポケコンブームでしたよね。
パソコンも持っていましたが、
持ち運べるポケコンも...

ポケコンのゲームって想像力が必要なんですが、
結構ハマっちゃうんです。
今は3Dですから想像力が入り込む余地は???

RE:アジアパラダイス様、

コメントありがとうございます。

FX-702Pを持っておられるとは凄いですね。
FX-502P、FX-602Pのプログラム関数電卓の
流れを汲むCASIOの初代BASIC搭載機ではないですか。
その廉価版的なものがPB-100ですものね。
キーボードがアルファベット順というのも
ある意味特徴的で。

RE:M氏様、

コメントありがとうございます。

ポケコンも同等機能はスマホで簡単に
できそうですからね。
関数電卓もしかりですよね。
でも試験の時スマホは使えませんので、
理系の学生にとって関数電卓は必須です。
ポケコンは...
ちなみにPC-G850VSという教育用ポケコンが
まだ売っているみたいです。

この当時はパソコンでもメモリとの勝負でしたし、
高速でいかに小さいコードでプログラムを
作るかが重宝された時代ですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ドクターアキヤマのレトロな計算道具たち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。