プロフィールにゃ

ドクターアキヤマ

Author:ドクターアキヤマ
ドクターアキヤマ(通称「博士」);
現役大学教授(工学部).
専門は化学.
誕生日:アインシュタインと一緒.
(ほしのあきさんと五木ひろしさん
とも一緒)
趣味:レトロな物コレクション.

かずみ;
工学部の??年生.
4兄弟の2番目で、おじいちゃん、
おばあちゃんも同居しているという
8人家族.
工学部に進んだ理由は“数学が苦手
だから敢えて挑もうと思って...”.
なぜか用も無いのに
博士の研究室に入りびたっている.


カレンダーにゃ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事にゃ


最新のコメントにゃ


最新のトラックバックにゃ


月別のアーカイブにゃ


カテゴリにゃ


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:電卓
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。



博士:これはじゃな、
    ナショナルが昭和53年に発売した
    Panac8205、

博士:その名もロールスケール付き電子ソロバンじゃ。

かずみ:...電卓じゃなくて電子ソロバンなんですね。

博士:前にも出てきたじゃないか、
    この時代は電卓というより電子ソロバンと言った方が
    一般受けが良かったんじゃよ。

かずみ:そうだったかしらねぇ~

かずみ:で、これは何と何が複合した電卓なの。

博士:だから、そのままロールスケールと
    電卓のコラボ品じゃ。

かずみ:...

かずみ:え~っと...
    ロールスケールってなんでしょう?

博士:なんじゃとぉ~大学生にもなって
    ロールスケールも知らんのか?

かずみ:...すみません。

博士:わしも、この品を手に入れて始めて知ったのじゃが、

かずみ:...

博士:どうやら、この先のころころ回るローラーを転がして、
    その転がった長さを数値として表示したり
    その数値を計算に使ったりできるんじゃ。



かずみ:...はぁ

かずみ:え~っと、つまり、
    このローラーを長さを測りたいところで、
    転がせばいいってわけね。

博士:その通りじゃ。

かずみ:じゃあ、ちょっと待ってよ、10cmの直線を引いて、



かずみ:で、0cmから始めて、ころころっと



かずみ:なるほどね。
    5cm転がると50って表示されるわけね。
    つまり、50mmと。



かずみ:結構正確じゃない。

博士:まあ、1%±1mm程度の精度らしいがのう。

かずみ:ふ~ん。
    で、何に使うの?

博士:...さあ~

かずみ:さあ~って、
    当時はこういう用途があったとか、
    ああいう用途があったとか、何かないの?

博士:説明書にも、縦の長さと横の長さを掛けて、
    長方形の面積を出せますとか、

博士:地図上の曲線の長さを出し縮尺を掛けてとか、
    書いてあるがのぉ~。

かずみ:...なるほどね。
    マニアックな特殊用途に使えるわけね。

博士:まあ、いいんじゃないか。
    曲がった面でもローラーを
    転がせばその長さが測定できるんだから、
    便利なもんじゃ。

博士:“ロールスケール付き電子ソロバンを何時買うの?”
    “今でしょう!!”なんて
    宣伝すれば意外と売れるかもな。

かずみ:...そうね。

かずみ:“誰が買うの?”
    “買うわけないでしょう!!”ってやつかもね。

博士:...

かずみ:...そうねぇ~、曲線の長さが測れるねぇ~

かずみ:( ̄ー ̄)にっ

かずみ:ちょっと博士、バンザイして。

博士:何でじゃ?

かずみ:いいから、いいから。

博士:\( ̄o ̄)/バンザーイ!!

かずみ:じゃあ、お腹の周りを、ころころころころ...

博士:うひゃ、冷たい、こそばゆい、うひょ
    いへぇ、つめてっ、やめて、あひゃ...

かずみ:ころころころころ...はい、測定終了。

かずみ:え~っと、博士の腹囲は...

かずみ:...なんですと~
    博士、こりゃ明らかにメタボですよ。
    甘いもの控えた方が賢明ですよ。

かずみ:大福なんてもってのほかです。

博士:...

博士:えぃ、こんな物
    (ノ-_-)ノ

かずみ:あっ

博士:なんてね、冗談じゃ。
    投げるわけないじゃろう。

博士:ロールスケール付き電子ソロバンが悪いんじゃない、
    わしの腹が悪いんじゃ。

かずみ:いや、腹の問題じゃなくて、
    食べ過ぎたり甘い物を我慢できない
    博士が悪いんだと思います。

かずみ:“ダイエット何時やるの?”
    “今でしょう!!”ってやつよ、博士。

博士:...

博士:じゃあ、かずみくんも、一緒にダイエットを始めるか。

かずみ:私にはダイエットなんて必要ないわよ。

かずみ:よく友達から
     “ちょっとした風でも吹き飛ばされそうね”って
     言われるぐらいよ。

博士:“ころころ転がりそうね”の間違いじゃ...

かずみ:何か言った?

博士:いや、何でもない。

博士:まあ、この様にメタボ検診に使えないこともないが、
    冷たいし、こそばゆいし、実用的じゃないな。

かずみ:まあ、そうでしょうね。

かずみ:で、これも絶滅すべくして、
    絶滅したコラボ品というわけね。

博士:まあ、そういうわけでもないじゃろうが...

博士:洋服の型紙の長さを測ったりとか、
    布団から部屋の隅まで測って寝相が悪いと、
    どのぐらい転がれるのか計算したりとか...

かずみ:( ̄____ ̄)

博士:...

博士:じゃあ、スケールつながりで、これなんてどうじゃ?

博士:え~っと、この棚の
    ここら辺に入っとったはずなんじゃが...。


コメント

お疲れ様でした♪

ドクターアキヤマさん、展示会ご盛況のようでしたね☆
お疲れ様でした。

「ロールスケール付き電子ソロバン」ですか、
こんなモノのあったんですね^^;

コレ見て思い出したのですが、たしか高校生くらいのとき
オーリエンテーリングなるものが流行ったことがあって、
地図上の曲がりくねった道のりを測定するのに
時計の竜頭を地図に押し当てて、針の動きから、「距離」を
導く『技』を思い出しちゃいました^^;

懐かしや~♪

まさに優れたキルビメーターですね! こんなの。

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC&hl=ja&rlz=1T4GGNI_jaJP465JP465&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=NmN3UYi7KMuiiAf3pYDACw&ved=0CEoQsAQ&biw=1440&bih=688

父が持ってました。やっぱり地図の測定とかに使ったらしいです。

アナログな機械ではありますが、それを電卓とくっつけたのは、当時としては画期的だったと思います。

あとはメジャーになるもすたれるも、使い勝手のよさ如何でしょうね……。とほほ。

RE:Mr・へぼい様

ブログでど派手な宣伝をしていただき
ありがとうございます。

博士:多数のマニアックな来訪者があり、
  とうほうも、ちょ~う勉強になりました。
  ポール・ブリッツ様のコメントにある通り
  この手の商品にも用途があるのですね。

博士:でも、どのぐらい需要があるかは???

かずみ:そうね。
  博士の本と一緒よね。

博士:...

RE:ポール・ブリッツ様

コメントありがとうございます。

キルビメーターというのがあるのですね。
電卓内蔵の品物もあるようですね。
(見つけたのは既に製造中止でしたが)
いやー勉強になりました。
まあ、ソロカルと同じ電卓付きソロバンも、
まだ売ってますからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ドクターアキヤマのレトロな計算道具たち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。