プロフィールにゃ

ドクターアキヤマ

Author:ドクターアキヤマ
ドクターアキヤマ(通称「博士」);
現役大学教授(工学部).
専門は化学.
誕生日:アインシュタインと一緒.
(ほしのあきさんと五木ひろしさん
とも一緒)
趣味:レトロな物コレクション.

かずみ;
工学部の??年生.
4兄弟の2番目で、おじいちゃん、
おばあちゃんも同居しているという
8人家族.
工学部に進んだ理由は“数学が苦手
だから敢えて挑もうと思って...”.
なぜか用も無いのに
博士の研究室に入りびたっている.


カレンダーにゃ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事にゃ


最新のコメントにゃ


最新のトラックバックにゃ


月別のアーカイブにゃ


カテゴリにゃ


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:加算器
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。





博士:これがタイガー計算器が販売した電動加算器じゃ。
    “Tiger Calculator”っていうロゴが付いとるじゃろう。

かずみ:確かにTigerって書いてあるわね。

博士:ロゴの形状も第五世代以降のタイガー計算器と
    良く似とる。



かずみ:でも、タイガー計算器って
    手廻し計算機以外も作ってたんだ。

博士:そうなんじゃ。
    電動計算器や加算器も製作していたんじゃ。

博士:でも、電動計算器は高価で今ひとつ普及しなかった。

博士:電動加算器に至っては、
    大手の電機メーカーも参入したから
    少量しか売れなかったみたいなんじゃ。

博士:これもロゴや外箱から、
    タイガーの加算器と認識できるが、
    発売時期や価格などの詳細が不明なんじゃ。

博士:まあ、レア物じゃな、レア物。
    オ~ッ、ホッ、ホッ、ホッ。
    (‐^▽^‐)

かずみ:...
    じゃ、早速スイッチを入れて。

博士:無駄じゃ、壊れとる。

かずみ:...

かずみ:えっと、色んなメーカーが参入したのね。
    これがタイガー製で、さっきのが東芝、
    最初のがシチズン製と...

博士:そうじゃな、他にも...
    あ、あの会社を忘れとった!!

博士:じゃあ、かずみくん、
    計算尺で有名な会社と言えば?

かずみ:...ヘンミだったかしら。

博士:その次に有名な会社は?

かずみ:...憶えてない。

博士:...

博士:じゃあ、カウンター式手動加算器と言えば?

かずみ:...腱鞘炎!!

博士:連想ゲームじゃないから...

博士:つくった会社は?

かずみ:...憶えてない。

博士:ともにリコーじゃ。

かずみ:あ、そう言われればそうかもね。
    まあ、弘法も筆の誤りってことで...

博士:...
    意味不明の例えがじゃが、

博士:電卓も作ってたし、
    リコーは色んな計算道具に手を出してたんじゃ。
    まあ、“リコーグループ”というのが正しいじゃろうが。

かずみ:わかったわ。
    ようするに博士が言いたいのは...

かずみ:リコーが作った...

博士:そう、そう...

かずみ:“炊飯器”があると。

博士:...

かずみ:冗談よ。

かずみ:電動加算器でしょ。

博士:そうじゃ。





博士:これが昭和43年(1968年)頃に
    売られていたRICOMAC201じゃ。

博士:価格は不明じゃが、
    姉妹機のRICOMAC211が
    定価42,500円だから、
    似たような価格だったのじゃろう。

かずみ:これは値段が分かる電動加算器なのね。

博士:まあ、正確には姉妹器の価格じゃがな。

かずみ:でも、昭和43年っていったら
    電卓もそれなりに安くなってたんじゃ
    なかったっけ?

博士:そうじゃな。
    昭和42年発売のSOBAX ICC-500が
    260,000円。

博士:昭和43年発売のCanola1200が126,000円だから、
    まあそろそろ電動加算器も
    退場の準備ってとこじゃな。

かずみ:つまり、博士が何度も言ったように、
    消えていく運命なわけね。

博士:昭和44年には10万円を切る電卓も現れるし、
    電卓が5万円を割ったオムロンショックは
    昭和46年じゃ。

博士:どう考えても電動加算器じゃ
    電卓にたちうちできないわな。

かずみ:まあ、そうね。
    最初の頃の電卓は
    色々な意味で“個性的”だったけどさすがにねぇ~。

博士:そうそう、“RICOMAC”とうブランドは
    後にリコーの電卓に受け継がれるんじゃ。

かずみ:...

かずみ:無駄、無駄、無駄、無駄...知識。

博士:...

博士:RICOMAC201は電動加算器としては、
    後期の機種じゃから、
    初期の加算器と比較して
    コンパクトになり静穏化しとる。

博士:だが、もともとインパクト式の印字方法は
    五月蠅いんじゃよ。

かずみ:つまり、電動加算器は、
    うるさくて、大きくて、
    使い勝手が悪かったというわけね。

博士:そう言われると身も蓋もないがな...

かずみ:じゃあ、飽きてきたし
    そろそろ帰るわね。

博士:そうじゃな...
    そうか、かずみくんも
    この4月から2年度生じゃな。

かずみ:そうよ。

博士:どうじゃった。
    秋学期の成績は?

かずみ:...楽勝よ。
    単位もいくつかしか落としてないわよ。

博士:そうか、よかった、よかった...って、
    いくつか落としたんかい。

かずみ:まあ、猿も木から落ちるってやつ。

博士:...
    4年で卒業できるように
    頑張るんじゃな。

博士:ちなみに、教えておくが、
    大学は“8年間”までしか在籍できないからな。

博士:バイトやサークル活動も結構じゃが、
    学生の“本分”を忘れないようにな。

かずみ:...

博士:じゃあ、またな。

かずみ:博士っ、

博士:ん、なんじゃ?

かずみ:燃えないゴミの日って何時だっけ?

博士:学内では燃えないゴミじゃなくて資源ごみじゃが、
    大量にある場合は連絡すると取りに来てくれるぞ。

かずみ:あ、そう。
    連絡すればいいわけね。

博士:そうじゃ。

かずみ:じゃあね、博士。

博士:じゃあな、勉強するんじゃぞ。

かずみ:...

~~~~~~~~~~~~~~~~
   
コン、コン、

博士:はい。

ガチャリ

??人:すみません。

??人:資源ごみが大量にあるから
    回収してくれっていわれて来たのですが...

博士:えっ、資源ごみ???

かずみ:はい、ちょっと、どいて、どいて。

かずみ:ここにあるの全部です。

かずみ:変なキーが付いてて中にモーターが入った
    機械達ですけど、
    壊れてる物ばかりなので
    全部持ってっちゃって下さい。

??人:あっ、これですね、分かりました。
    ヨッコラセっと...

??人:でも、随分古そうな機械達ですね。

かずみ:たんなる小汚いガラクタですよ。

??人:じゃあ、どうも。

バタン

博士:え~~~~~っ。


コメント

ロマンのわからん女はこれだから……。

RE:ール・ブリッツ様、

コメントありがとうございます。

博士:そうなんですよねぇ。
  例え、壊れてしまっても
  存在自体がロマンというか...

かずみ:いや、ただのゴミでしょう。

博士:...

かずみちゃん、はかせの奥様みたい…。。

RE:PSY様、

「コメントありがとうございます」って博士から。

博士...ありえないっしょ。
お金も持ってそうにないし。

そうそう奥さん物を捨てれない性格らしいですよ。
博士も捨てられてないのがその証拠。
そうか、私が掃除に行ってあげて捨ててくるか。
時給5千円ぐらいだったら、
考えてもいいかな。

リコーの電動加算機について

はじめまして、いつも楽しく拝見させて頂いております。
リコーの電動加算機がお話の中に出ていましたので、コメントさせて頂きました。

 リコーの計算機分野(計算尺などは含めず)への進出は、1964年3月に電子計算機部を設立、同年7月に米リットン社の事務機器部門の子会社であるモンロー社の小型電子計算機”モンロボットXI型”の販売を期に始まった。その後、1965年9月、イタリアのドクター・デヴィトロ氏の研究所と技術提携(ロイヤリティー4%)して電動加算機 Ricomac201(38,500円)が発売されました。

 ご参考になれば幸いです。

RE:Takaharu Yoshida様、

コメントありがとうございます。

電卓研究室 / Vintage Electronic Calculator Laboratory
管理者のYoshida様に助言いただけるとは感激です。
拙著や本ブログの作成には貴ブログの情報を大いに
参考にさせていただいています。
ありがとうございます。

RICOMAC201は昭和40年9月に38,500円で
発売されたのですね。
やっぱり電卓が高価だった聡明期に気を吐いていた
電動加算器の一つなんですね。

Ricomac201

ドクターアキヤマ様、これからもよろしくお願いします。
因みに、知る限りではRicomac201にはタイプが2種類ありまして、所有されている写真のものはType2のモデルだと思われます。

RE:Takaharu Yoshida様、

博士:なるほど2種類あるんですか。
  勉強になります。
  CA-10は微妙に異なる2種類持ってるんですが。

かずみ:CA-10は両方壊れてるんでしょ。
  動かなきゃ意味ないって。

博士:...

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ドクターアキヤマのレトロな計算道具たち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。