プロフィールにゃ

ドクターアキヤマ

Author:ドクターアキヤマ
ドクターアキヤマ(通称「博士」);
現役大学教授(工学部).
専門は化学.
誕生日:アインシュタインと一緒.
(ほしのあきさんと五木ひろしさん
とも一緒)
趣味:レトロな物コレクション.

かずみ;
工学部の??年生.
4兄弟の2番目で、おじいちゃん、
おばあちゃんも同居しているという
8人家族.
工学部に進んだ理由は“数学が苦手
だから敢えて挑もうと思って...”.
なぜか用も無いのに
博士の研究室に入りびたっている.


カレンダーにゃ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事にゃ


最新のコメントにゃ


最新のトラックバックにゃ


月別のアーカイブにゃ


カテゴリにゃ


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:そろばん
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。

1.png

博士:これが日本のむか~しのそろばんじゃ。
     枠もちょっと破損しているし、
     軸が一本無くなっているのが残念じゃがな。

博士:そろばんは、室町時代ぐらいに、
     中国から日本に伝来したという話じゃ。

かずみ:えつ、室町時代の日本のそろばん...。
     すごーい、室町時代っていったら、
     大昔じゃない。
     “よい国つくろう室町幕府”って。
     おばあちゃんより年寄りなんだ~。

博士:“よい国”って、
     そりゃガッツ石松の迷言じゃろう。

博士:正しくは“いい国作ろう鎌倉幕府”じゃ。
     それに鎌倉幕府は1192年設立じゃなくて、
     今は1185年設立が有力でじゃな...

かずみ:わかった、わかったって。
     つまりふる~いそろばんなんでしょ。

博士:まあ、君のおばちゃんよりは古いじゃろうが、
     さすがに室町時代じゃない。
     江戸時代の終わりぐらいに作られたもの
     じゃないかのう。

博士:ひょっとしたら坂本龍馬が、
     “答えがあわんぜよ”なんて言いながら
     使ってたものかもしれんぞ。

かずみ:...。

かずみ:゜∀゜!!

かずみ:へーっ、そうなりか~。
     江戸時代のそろばんって
     こんな形だったなりね~。

かずみ:でも、珠の形が中国のそろばんと
     違ってみえるなりよ~。

博士:(´・ω・`)?

博士:ま、まあ、そうじゃな。
     日本では最初、伝来した形を
     コピーして作ったらしいんじゃ。

博士:その後、弾いて速く計算できるように、
     珠をお団子みたいな形からひし形に
     改良したんじゃ。

かずみ:工夫したってことなりか~。
     でも、このそろばん凄く大きくて
     使いにくそうなりね~。

博士:(´・ω・`)???

博士:どうしたんじゃ、さっきから。
     “...なり~、...なり~”って。

かずみ:えっ知らないの?

かずみ:江戸時代の人ってこんな風に
     しゃべってたんだよ。
     この前、アニメでやってたもん。

博士: ┐(´~`)┌


博士: そりゃ“コロ助”だけじゃろう。
     そんなしゃべり方してないはずじゃ。

博士:まあ、この大きいそろばんは商店や何かで
     据え置きで使っていたんじゃろう。

博士:この裏側に板がついているのがわかるかのう?
     計算している時に相手から隠すのに
     役に立つらしい。
     まあ、商売人はヒミツが必要じゃからのう。

博士:じゃ、これはどうじゃ。
     天2珠、地5珠の携帯サイズそろばんじゃぞ。

2.png

かずみ:ほんとだ小さい。
     これだったらポケットに入りそう。

博士:いや、入れてみなくて良いから。

博士:まあ、このそろばんは裏板が無いが、
     手で隠しながら計算できるし
     問題ないじゃろう。

かずみ:でも、博士、何で天に2珠、地に5珠も必要なの?

かずみ:たしか、15まで数字が表せるとか、
     ごちゃごちゃ訳の分からないこと言ってたけど。

博士:別に、訳の分からない事は言ってないが、
     答えは中国の“度量衡”にあり
     という話じゃ。

かずみ:えっ、“ドレミファソラシド”?

博士:かずみくん、耳掃除したほうがいいぞ。
     度量衡じゃ、“ど・りょう・こう”、
     つまり“単位”じゃな。

博士:中国の重さの単位では16両で1斥だったんじゃ。
     つまり、一つの桁で15両まで
     数える必要があった。
     まあ、専門用語では16進法というがのう。

かずみ:でも、それ中国の話でしょう?
     日本は関係ないじゃない。

博士:確かには殆ど日本では関係なかったらしいのう。

博士:でも、強いてあげればじゃなぁ...、
     そうじゃ、かずみくん。
     これを知っとるかい?

3.png

かずみ:わっ、きたなっ。
     ランチ前に食欲がなくなったらどうするの。
     まったく。

かずみ:ん...何か字が書いてある。
     寛、通、永、...、うーん???
     視力2.0でも読めません。

博士:時計回りに読んでどうするんじゃ。
     これは“寛永通宝”じゃ。
     江戸時代の代表的な貨幣で、
     1文銭銅貨じゃ。

博士:これが250枚で1朱金貨、
     16朱で1両金貨じゃ。
     まあ、時代によって微妙に異なるがのう。

博士:ほれ、一応、16進数のおでましじゃ。

かずみ:ふーん、
     でも、なんかこじつけっぽいんですけど。

博士:まあな。
     実は幕末から明治の頭ぐらいには、
     珠の数が減ったんじゃ。

博士:珠が減ったそろばんが、
    え~っと、たしかこの棚の
    ここら辺に入っとったはずなんじゃが...。

コメント

こんばんは♪

アキヤマ博士、今晩は!
我が家は主人の仕事の関係で7年ほど前に、
台湾に住んでいたときに、中国の算盤を初めて見て
日本のと形が違うので、ビックリしました。
上に珠二つで、上下合わせて15まで数えられるんですね〜。
面白いです!
うーん、記念に買って帰れば良かったです。
日本でも16進法が使われていたことがあったとは、これまたビックリです。
現代では、パソコンのプログラム関係に
16進法を使っているのでしたっけ?
博士のお部屋は、色々と勉強になります( ´ ▽ ` )ノ

RE:ぴかれれ様、

ブログご訪問有難うございます。

子供のころパソコンというか
まだマイコンと言われた時代から触っていました。
昔のパソコンマニアっていうやつで。
最近の進歩についていけずに、
レトロな計算道具にむかうと。

16は2の4乗なので、
コンピューターと相性が良く、
10はA、11はB、12はC、13はD、
14はE、15はFと表して...。

いやいや、これ以上は、
かずみくんが舟をこぎそうなので。

どうもコメントありがとうございます
面白い ブログですね
そろばんの歴史勉強にもなるし 楽しく見させて頂いております これからもよろしくお願いします

Re: チャリ・h・プー 様、

そろばん以外も、
いろいろ出てくるのかも~。
かずみくんが何に興味を持つか
次第ですけどね。

今後もよろしくお願いします。

つい最近『武士の家計簿』という映画を見ましたが。
江戸時代 当然計算機なんかなかったので、
藩の台所事情はすべてそろばんだったんですね。
子供のころは何も考えずにそろばんを習っていましたが。
いやはやそろばんは凄い発明だったんですよね~。

こんばんは

昔のそろばんって、桁?珠の数が違うんですね!

最近またそろばんの良さが見直されて、学校の授業にも取り入れられている様ですね。

RE:けろぷっぷ様、

武士の家計簿には、
確かここで出ている天2、地5珠のそろばんが
出ていると聞いた気が、見ていません...。

そろばんは凄い発明だと思います。
その珠の形や数を改良したのも
先人のすばらしい知恵かと。

RE:かめっぽ様、

さすがに天2珠は身近にありませんでしたが、
昔のそろばん珠の数がちがうんです。
次回に出てくる物ぐらいが
昭和では一般的なものだったと思います。
(私の実家では実用計算道具でした。)

そろばんやってた学生は計算速いですよ。
頭の中にそろばんが入っているようです。

私の頭には電卓が...
入ってはいないようです。

こんばんわ。初めてコメントさせていただきます。
いつも素敵&不思議な文具を紹介されてますね!レトロちっくといいますか、昔のアイテム大好きなので、こういうのがいつか集められたらな、なんて思っていつも読んでます。

これからもアップ楽しみにしています!

RE:Cheshire様、

コメントありがとうございます。

「私もこんなのあったんだ。へーっ。」、
と思ってしまう謎の計算道具が集まってきて、
置き置き場所に困っています。
( ̄▽ ̄;)

ボチボチ更新していきますので、
今後も宜しくお願いします。

訪問ありがとうございます。

そろばん懐かしいです。
小学生の頃、おばあちゃんが小さい頃使ったという
そろばんをもらって、喜んで学校に持って行った
記憶があります。
でも、そろばんは上達しませんでしたが(^^ゞ

RE:ひでち様、

私もそろばんはバリバリ使ってはいないですね。
小学校に自前のそろばんを各自持って行って
使い方を教わりはしました。

いまでも、小学校で一応教えているそうです。
備品が人数分用意してあって、
先生が巨大そろばんで使用法を教えるとか。

こんばんわ

ご訪問
どうもありがとうございました。

ドクターアキヤマさんe-267コメありがとう
ございました!
そろばん!!ナツカシイe-420ですが~使えませんe-263(T_T)
でも勉強になりますe-267e-287

こんばんは
昼間にコメントを頂きありがとうございました m(_ _)m

そろばんですか~
私も小学生のころ習っていました

今でも電卓替わりに、頭の中に思いうかべて計算することができます

何気なく使っていたそろばんも、こんな歴史があったなんて・・・

RE:いけ君様

コメントありがとうございます。

おいしそうなサツマイモでしたので、
一言書きたくなりまして。

ウメガエモチも家族みんな大好きで
冷凍保存して長期間に渡って食べています。

RE:喜撰坊のおかみ様

そろばんでしょう。
私も実用品としては使えません。
( ̄▽ ̄;)

そんな品物ばっかり持ってます。

RE:toranyansan様、

素晴らしい。
頭の中にそろばんが浮かぶとは。
たまにそう言う学生もいますが。

私からみると達人です。

こんにちは ^^

16進のそろばんなんてあるんですね〜!
子供の頃はそろばんを習っていて、
つい半年前まではソフト開発をしていたので16進数にも慣れているハズですが、このそろばん使い方には悩みました。
しばらく画像を見ながらどういう風に桁が上がるのか考えてしまいました。
面白いですね ^^

RE:ウルトラマリン様、

16進のそろばん、
確かにソフトウエア開発にはよいかも!!
と思ったのですが...
関数電卓で一発変換しますよね。
10進数から16進数でも、
16進数から10進数でも。
やはり絶滅種、復活ならずですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ドクターアキヤマのレトロな計算道具たち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。