プロフィールにゃ

ドクターアキヤマ

Author:ドクターアキヤマ
ドクターアキヤマ(通称「博士」);
現役大学教授(工学部).
専門は化学.
誕生日:アインシュタインと一緒.
(ほしのあきさんと五木ひろしさん
とも一緒)
趣味:レトロな物コレクション.

かずみ;
工学部の??年生.
4兄弟の2番目で、おじいちゃん、
おばあちゃんも同居しているという
8人家族.
工学部に進んだ理由は“数学が苦手
だから敢えて挑もうと思って...”.
なぜか用も無いのに
博士の研究室に入りびたっている.


カレンダーにゃ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事にゃ


最新のコメントにゃ


最新のトラックバックにゃ


月別のアーカイブにゃ


カテゴリにゃ


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:機械式計算器
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。





かずみ:たしかに、さっきのよりレトロっぽいわね。

博士:そうじゃろう。
    これは、タイガー計算器の第4世代で、
    昭和36年(1961年)に製造された物じゃ。

博士:さっきの第6世代のモデルと同じように
    連乗機能付きの高級タイプじゃ。

博士:価格も同じく35,000円。
    つまみの一部にプラスチックが使われておるが、
    外装もほぼ全て金属じゃ。

かずみ:形は全然違っているけど値段は一緒なんだ?

博士:そうじゃ。実はタイガー計算器は昭和28から
    昭和45年の製造終了まで
    同じ定価を維持したんじゃ。

博士:高度経済成長で物価がどんどん上昇する中で、
    価格の維持は大変じゃったろうな。

博士:じゃから、第5、第6世代と進むと
    チープな...
    コストを意識した作りになっていくがな。

かずみ:一つ疑問があるんだけど?

博士:なんじゃ?

かずみ:さっきから、何年製造とか言ってるけど、
    何処にも書いてないんですけど。
    
かずみ:計算尺みたいに記号かなにか付いてるの?

博士:なんじゃ、そんなことか。

博士:シリアル番号が振ってあってな、
    その番号から製造年が特定できるんじゃ。

かずみ:なぁーんだ。
    また暗号みたいな規則があるのかと思った。

かずみ:で、この計算器だけど、
    さっきの物と使い方は一緒なの?

博士:ほんの少しだけ違いもあるが、
    基本は一緒じゃよ。

博士:四則演算じゃったら何でもござれじゃ。

かずみ:ふ~ん。
    これならレトロっぽくていいかもね...
    使い方も一応覚えたし...

かずみ:でも、博士...

かずみ:これが4世代目ってことは、
    まだ古い物もあるってことよね?

博士:そうじゃ。

博士:タイガー計算器は
    第一世代が大正23年の発売時から
    昭和6、7年頃までに製造されたモデルで、
    超貴重品じゃ。

博士:製造台数も少なく、
    年収分ぐらいの値段がしたんじゃ。

博士:製造番号59番が有名じゃ。
    国立科学博物館に収蔵・展示されており
    情報技術遺産に認定されているぐらいじゃ。

かずみ:...

博士:その後、太平洋戦争後の昭和25年ぐらい、
    までに製造されたものが、
    よく戦前モデルと称される第2世代の機械じゃ。

博士:この第2世代のモデルまでは
    別名虎印の計算器と称されて、
    虎の顔のマークが入っておる。

博士:ほれ、この第4世代の計算器には
    Tiger Calculatorって刻印されとるじゃろう。



博士:第2世代までは虎の顔が彫ってあるんじゃ。

かずみ:...

博士:実は、タイガー計算器は、
    当初虎印計算器として売り出したんじゃ。

博士:ところがさっぱり売れなかったらしい。
    当時は国産品は“駄目”と言う時代じゃ。

博士:そこで、すぐに“TIGER BRAND”と
    舶来品ぽく改名したんじゃ。
    そしたら少しずつ売れ始めたという話じゃ。

博士:国立科学博物館に展示されとる
    No.59もTIGER BRANDと刻印されとる。

かずみ:...

博士:そして、第3世代のモデルになる。
    実はこの第3世代まで基本色は黒なんじゃ。

博士:ただし、第3世代の一部には
    第4世代と同じ灰色のモデルもあるがな。

博士:それに第3世代から歯車の計算機構に
    大きな改良が行われて...

かずみ:もう、いいです。
    別にそれほど興味がある話じゃないので。

博士:...

かずみ:しかし、良く調べてるわねぇ~
    変人というか、何というか...

博士:まあ、わしの計算道具コレクションの原点は
    機械式計算器じゃからな。

かずみ:...
    こんなでかくて、重い物をねぇ~

かずみ:まあ、世の中には、
    物好きな人もいるからね。

かずみ:博士、奥さんとラブラブなのよね?

博士:...

かずみ:で、またどうして、こんなガラクタ...
    機械式計算器なんて集めようと思ったの?

博士:話せば長くなるが、

かずみ:...

博士:さすがに、
    現役で機械式計算器を使った世代じゃないが、
    一つ上の世代ぐらいまでは科学・技術計算にも
    必需品だったんじゃ。

博士:今でも大学の研究室の棚の奥に
    ころがったりしとるんじゃ。

博士:わしの恩師もそんな計算器を
    持っておってじゃな...

かずみ:はい、もう、いいです。
    雰囲気はつかめましたんで。

かずみ:続きは家でほら、
    ラブラブの奥さんにでも話してあげてください。

かずみ:で、話は戻るけどね、
    第1世代~第3世代の計算器は持ってないの?

博士:...

博士:さっきも言っように、貴重品なんじゃ。

博士:特に虎マークの第2世代以前の物は
    コレクター垂涎の的なんじゃ。

博士:オークションでも数万円はするぞ。

博士:第1世代で稼動品になると、
    2桁か多くても3桁の前半ぐらいしか
    現存して無いはずじゃ...

かずみ:だから、講釈はいいから。
    持ってるの?持ってないの?

博士:...

かずみ:何も言わないってことは、
    どれかを持ってるのね。

かずみ:じゃあ、はい。

博士:いいじゃないか、その第4世代で、
    十分レトロっぽいし。

かずみ:いや、私は黒が好きなのよ。
    黒が。

かずみ:では、はい。

博士:え~っ、あれを貸すのぉ~。

かずみ:そう、“あれ”を私に貸すの。

博士:...
    え~っと、あれは、何処じゃったかな~
    え~っと...

かずみ:いいかげん、もったいぶらないで。
    ちょっと引っ張りすぎよ。
    読者が逃げちゃうわよ。

博士:え~っと、あれは、この棚の
    ここら辺に入っとったはず...じゃったかな~
    それともあそこら辺じゃったかな~

かずみ:まったく、あきらめが悪いわね、
    コレクターのサガとして
    本当は見せたいんでしょう、はい。

博士:...
    しょうがないなぁ~。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ            
にほんブログ村 <ポチッとm(._.)m
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ドクターアキヤマのレトロな計算道具たち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。