プロフィールにゃ

ドクターアキヤマ

Author:ドクターアキヤマ
ドクターアキヤマ(通称「博士」);
現役大学教授(工学部).
専門は化学.
誕生日:アインシュタインと一緒.
(ほしのあきさんと五木ひろしさん
とも一緒)
趣味:レトロな物コレクション.

かずみ;
工学部の??年生.
4兄弟の2番目で、おじいちゃん、
おばあちゃんも同居しているという
8人家族.
工学部に進んだ理由は“数学が苦手
だから敢えて挑もうと思って...”.
なぜか用も無いのに
博士の研究室に入りびたっている.


カレンダーにゃ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事にゃ


最新のコメントにゃ


最新のトラックバックにゃ


月別のアーカイブにゃ


カテゴリにゃ


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:機械式計算器
コン、コン、

博士:(’ ’)チラッ...?

博士:(゚ー゚*?)ん...???
    (¬д¬)ジーッ

博士:かずみくん、どうしたんじゃ
    そんな「はいからさんが通る」みたいな格好で。

かずみ:へっ、何?
    はいからさんが通るって?

博士:なんじゃと、はいからさんが通るをしらんのか?
    南野陽子さん主演で大ヒットした...

かずみ:だれ?南野陽子って?

博士:南野陽子さんを知らない...

博士:じゃ、じゃあ、
    二代目麻宮サキとして大活躍して、
    「おまんら許さんぜよ」なんていう決めゼリフも
    当然知らない...

かずみ:????

博士:わしの青春時代も遠くなったもんじゃのう...

博士:ちなみに一代目麻宮サキは斉藤由貴さんじゃぞ。

博士:まあよいわ、で何の用じゃ、
    そんな大正時代の女学生みたいな格好で。

博士:まあ、大正時代にピアスはなかったと思うがな。

かずみ:実はね、
    今度、サークルで“萌えろ鹿鳴館”って
    現代劇をやることになったの。

博士:なんじゃと...
    “萌えろ”...“鹿鳴館”...現代劇...

博士:すまん、ちょっと頭痛がしてきた。
    また、元気になった時に出直してきてくれ。
    じゃあ、またな。

かずみ:また、また、そんない事言って、
    さっき、朝ぱっらからハイテンションで
    講義してたじゃない。

かずみ:うるさくて、安眠妨害だって、
     皆、言ってたわよ。

博士:...
   
博士:で、なんの用じゃ。

かずみ:いや、実はその劇で使う小道具を探してて
    その棚にあるレトロっぽい機械を
    貸して貰えないかと...

博士:棚の機械じゃと...どれじゃ?

かずみ:その真ん中の棚の、ガラクタ...
    博士の貴重なコレクションの奥にある
    大きな物よ。

博士:あ~あ、これか、
    これはそんな古いもんじゃないぞ。



博士:昭和45年(1970年)に製造された、
    第六世代のタイガー計算器、
    定価35,000円じゃ。

博士:この年でタイガー計算器の
    製造は終わっとるから
    最後を飾る計算機じゃな。

かずみ:これも計算機なの?

博士:そうじゃ。

かずみ:また、また、博士
    冗談は顔だけにしてよ。
    どこをどー見たら計算機なのよ?

博士:顔だけって...

博士:良~く見てみろ。
    数字が表示されておるじゃろう。

博士:大正末期より昭和40年代半ばまで
    約50年ぐらい計算機といえば、
    この手の機械式計算器の事を指したんじゃ。

かずみ:ちょっと信じられないな~。

かずみ:でも、やたらでかいけど、
    電気コードは何処に繋ぐの。

博士:ソロバンや手動加算器と同じ“人力”計算器じゃ。

博士:ハンドルを手でクルクル回して、
    計算する機械なんじゃ。
    エコじゃぞ~。

かずみ:...

かずみ:まあ、でもちょうどよかったわ。
    劇は“ベルサイユ”って名前の喫茶店が舞台なのよ。

かずみ:レジがわりにするからちょっと、使い方を教えてよ。

博士:喫茶ベルサイユって...
    頭痛がぶり返してしきそうじゃ。

博士:しょうがないな。

博士:基本的な操作は、
    例の加算器に似ておるぞ。

かずみ:えっ、あのカウンター式で
    腱鞘炎間違いなしってのとか、

かずみ:スタイラスで繰り上がり、繰り下がりで
    頭も“こんがらがり”ってやつ...

かずみ:じゃあ、あくまでも置き物として...

博士:まあ、あれらに比べればずっと楽じゃよ。
    繰り上がり、繰り下がりも自動じゃ。

博士:35,000円じゃぞ、当時の初任給並の
    完璧な実用品だったんじゃぞ。

かずみ:そう...一応教えて。
    劇で演じるかは、後で考えるわ。

博士:じゃあ、シンプルに足し算からいくか、

博士:適当な足し算...
    そうじゃのう...
    “1,458 + 792” をやってみるか

博士:まず、その右上に沢山レバーがあるじゃろう。
    それを、“1”、“4”、“8”、“5”とするんじゃ。



かずみ:あ~あ、このレバーね。
    カチャ、カチャ、カチャ、カチャっと。



かずみ:はい、1,458にしたわよ。
    上の窓にその数字が表示されるのね。

博士:これは使い易いように改良された
    最終形じゃからな。

博士:初期のタイガー計算器には窓はないから
    レバーの位置で判断するんじゃ。
   
博士:で、次はじゃな、
    その右側の深緑のつまみが付いたハンドルを
    右側から見て時計回りに一回転させるんじゃ。

かずみ:時計まわりに一回転ね。
    時計回り、時計回り、クルリっと。

博士:そうすると、1,458の数字が
レバーの下の窓に表示されたじゃろう。



かずみ:たしかにね。
    下の窓に数字がコピーされたわね。

かずみ:で、つぎはどうやって798を
    足すの?

博士:同じような操作じゃ。

博士:今度はレバーで792をセットする。

かずみ:ふむ、ふむ。
    カチャ、カチャ、カチャ。



かずみ:で?

博士:同じように、時計回りに一回転じゃ。

かずみ:クルリっと。



博士:ほら、これで計算終了じゃ。
    答えの2,250が表示されとるじゃろう。

かずみ:へ~っ、1,458 + 792って2,250なんだ。

博士:...

かずみ:冗談よ、冗談。
    でも、確かに“人力”の中では使い易い方かもね。
    ほとんど“機械的”に計算できるし。

かずみ:さすが“機械式”計算機ね。

博士:(==)
    さっきから連発しとるな。

かずみ:...なによ!!
    ちょっと博士のおやじギャグをパクッただけよ。

かずみ:ようするに、このレバーで数字をセットして、
    横のレバー回転させればその数が下の窓の数に
    足されるってわけね。

博士:まあ、そういう事じゃな。

博士:引き算も同じような方法じゃ。

博士:逆回転させれば引かれるんじゃ。

博士:そうじゃな、
    いま、2,250になってるから、
    2,250 - 1,472でも計算してみるか

かずみ:つまり、え~っと
    さっきと逆に回せばいいわけね。

博士:その前に、レバーを1,472にして...

かずみ:わかってるわよ。
    うるさいな、もう。
    カチャ、カチャ、カチャ、カチャっと。



かずみ:そして、時計と逆方向に回せばいいいわけね。
    クルリっと。



かずみ:で、答えの778がでる、という訳ね。

博士:どうじゃ。

かずみ:そうね。
    電卓の便利さには全然かなわないけど、
    まあ、慣れれば使えるかな。

博士:それに、掛け算、割り算も出来るんじゃぞ。

かずみ:掛け算...って、
    まさか九九(くく)を頭で計算して...
    なんて言うんじゃないでしょうね?

かずみ:あれは、ありえないわよ。

博士:御名答...と言いたいんじゃが、
    これは、35,000円の機械じゃから、

博士:掛け算、割り算も、
    “機械的”にできるんじゃ。

かずみ:このパクリおやじ...

博士:ん、何か言ったか?

かずみ:なにも言ってないわよ。

かずみ:じゃあ、掛け算ってどうやるのよ?

博士:それはじゃな...


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ            
にほんブログ村 <ポチッとm(._.)m
コメント

この機械で掛け算をやるんですか?

重くて腕が疲れるぞ!(笑)

機械式計算機のリクエストに答えてくださってありがとうございます。次はポケコンだ!(^^)

RE:ポール・ブリッツ様、

後はポケコンですしたね。
忘れないようにメモメモっと。
今しばらくお待ちください。

たしか×298を計算するときはハンドルを298回ぐるぐると回すんでしたっけ?

昔の人は根性があったなあ、と思うと同時に、もっとなにか小学生のわたしにわからなかった便利な掛け算の方法があったのではないかとも期待しています。

答えはどっちだ?(^^)

RE:ポール・ブリッツ様、

かずみ:え~っ、計算するのに体力がいるんですか~。
    私ひ弱な美少女なのに。
    でも、博士遅いな~。

かずみ:ちょっとトイレって...

博士:すまん、すまん。
    で、掛け算じゃったな。
    それはじゃな...

いきなりの「はいからさんが通る」で笑わせて頂きましたw
なんかアニメ版の歌のサビの部分だけ思い出しでしまって、
頭の中でリフレインしまくってます。
ハイ、ハイ、ハ~イ♪はいからさんがと~おる♪
やさしい心を~♪ふりまきなが~ら~♪

スケバン刑事は2代目南野陽子最高ッス!
お陰で鉄仮面を見るたびスケバン刑事を思い出してます。
ジャギとかシルバーチャリオッツとか・・・

毎日 楽しまさせて頂いてます。この計算機見たことがありますね~入社して経理で研修受けてた時に・・・・見ただけで使うことはありませんでしたけどね

RE:ys様、

コメントありがとうございます。

そうですね美少女鉄仮面伝説でしたね。
でもジャギとかシルバーチャリオッツを見ると
南野陽子さんを思い出されるとは、
なかなかの方ですねぇ~。

ちなみに私は斉藤由貴さんのファンでした。
いや、昔の事ですよ。

RE:自遊な世界様、

コメントありがとうございます。

機械式計算器って結構普及したんですよ。
最終価格が35,000円だったので月給並みなのですが、
それでも、計算が機械的にできるので。
この最終機種やその前の第5世代あたりのモデルは
今でも多数残っているみたいです。
さすがに実使用している人はほぼゼロだと思いますが。

掛け算について

確か×5の時は普通に5回回すけど、×298の時は位をずらせるのではなかったかと記憶しています。×9はさすがにめんどくさくて10倍してから1回分引いてました(^_^; )

RE:1.618033様、

コメントありがとうございます。

現役で使われていたのですね。
昭和40年代半ばまでは実用品ですからね。
シリアル番号も50万弱まで進んでいますので、
かなり普及していたはずです。

計算方法は...まあ、ぼちぼちと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ドクターアキヤマのレトロな計算道具たち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。