プロフィールにゃ

ドクターアキヤマ

Author:ドクターアキヤマ
ドクターアキヤマ(通称「博士」);
現役大学教授(工学部).
専門は化学.
誕生日:アインシュタインと一緒.
(ほしのあきさんと五木ひろしさん
とも一緒)
趣味:レトロな物コレクション.

かずみ;
工学部の??年生.
4兄弟の2番目で、おじいちゃん、
おばあちゃんも同居しているという
8人家族.
工学部に進んだ理由は“数学が苦手
だから敢えて挑もうと思って...”.
なぜか用も無いのに
博士の研究室に入りびたっている.


カレンダーにゃ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事にゃ


最新のコメントにゃ


最新のトラックバックにゃ


月別のアーカイブにゃ


カテゴリにゃ


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:電卓
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。

博士:カシオが昭和54年(1979年)に24,800円で売り出した
    プログラム機能付き関数電卓fx-502Pじゃ。

fx-502p_1.png

かずみ:これは壊れてないでしょうね?
    (¬_¬)

博士:心配ない。
    スイッチを入れたらすぐに動く完動品じゃ。

博士:キーを押せばきちんと反応する。
    “タッチでポーン”じゃ。

かずみ:( ̄_ ̄)

かずみ:で、この電卓は液晶表示なのね。
    ちょっと黄色く見えるけど。

博士:そうじゃ。
    液晶電卓の時に説明したじゃろう?

かずみ:...
    私は過去は振り返らない女なので。

博士:紫外線保護フィルターが黄色く見えるんじゃよ。

かずみ:ふーん、そうだったっけ。
    で、さっきプログラムの
    なんちゃらかんたらって言ってなかったっけ?

博士:そうじゃ。
    この関数電卓は自分でプログラムを組んで
    記憶させることができるんじゃ。

かずみ:プログラムって...
    確か情報処理の授業で
    聞いたような気がするけど...

かずみ:javaとかCとかいうやつ?

博士:そんな高級なプログラム言語使えないが、

博士:それでも、繰り返しとか、条件判断とか、
    ジャンプとか色んな命令を使って
    プログラムできるんじゃ。

かずみ:...

かずみ:また、
    そんな“チンプンカンプン”なこと言ってぇ~

かずみ:わかりやすく言ってよ、わかりやすく。
    わ・か・り・や・す・く!!!

博士:わかった、わかった。

博士:例えばfx-3には座標変換の式が
    内蔵されておったじゃろう。

かずみ:まあね。

博士:あれは、あらかじめ計算式が
    プログラムしてあったんじゃが、

博士:この関数電卓はじゃな、
    自分が行いたい計算の式を
    覚えさせることができるんじゃよ。

かずみ:あら、そう、便利そうね。

博士:じゃあ、
    さっきの座標変換の式をいれてみるか

かずみ:いいわよ。
    で、どうやるの?

博士:まずじゃな、
    直交座標(x, y)を、
    極座標(r, θ)に変える式はじゃな...

かずみ:あ、いいです、詳しい説明は。
    後ほど“化学数学”担当の
    “サトウ”先生に聞きますので。

かずみ:博士の説明より、はるかに分かりやすいです。

博士:サトウ先生に聞くじゃと...
    ちぇっ、しょうがないな。

博士:まあ、結論だけ言うとじゃな、
    r = √(x2 + y2)、
    θ = tan-1(y/x)になるんじゃ。

博士:つまり、この式をプログラムすれば
    いいんじゃ。

かずみ:なるほどね、で?

博士:まず、プログラムモードにする。

博士:MODEキーに続いて2のキーじゃ。
    すると下段にWRTって表示されるじゃろう。

fx-502p_3.png

博士:そして、プログラムを覚えさせたい番号を選ぶんじゃ。
    まあ、P0でよかろうから、P0を押すと。

fx-502p_4.png

博士:ここまではよいか?

かずみ:まあ、半分ぐらい分からないけど、
    一応、なんとな~くね。

博士:じゃあ、を求めるためにHLT、Min+1、HLT、
    Min+2、MR+1、inv+x2、+、MR+2、inv+x2、=、
    inv+√、=、HLTと押すんじゃ、

かずみ:...

博士:次に、θを計算するために、
    MR+2、÷、MR+1、=、inv+tan-1、=、
    HLT、じゃ。

かずみ:...

博士:これで、xyを入力する事で、
    rθが計算できるはずじゃ。

博士:さあ、今、言った通りに
    プログラムを入力してみるんじゃ。

かずみ:...

かずみ:博士の言っていることが全くわかりません。

かずみ:ひょっとして博士はUFOにさらわれて、
    変なものを頭に埋め込まれたのじゃないでしょうか。

かずみ:そうじゃなければ、

かずみ:博士は小学校から、
    日本語を勉強しなおした方がいいと思います。

かずみ:ええ、私のせいじゃないと思います。

かずみ:博士の言葉が、日本語を大きく逸脱しているんです。

博士:いや、たんに数式をプログラムに変換しただけ...

かずみ:むーり、理解不可能です。

博士:じゃあ、ちょっと貸してみろ。
    ポチッ、ポチッ、ポチッ...

博士:わしがプログラムを入れたから、
    あとは簡単じゃよ。

かずみ:( ̄_ ̄)

博士:ほら、ほら。

博士:まずMODE、1、と押して、
    これで普通に計算したり、
    プログラムを走らせるモードじゃ。

fx-502p_7.png

かずみ:まったく、めんどくさいな~、で?

博士:P0を押すんじゃ。

fx-502p_8.png

かずみ:何も変わんないわよ。

博士:下段にHLTって出ておるじゃろう。
    英語のHALTっていう意味で
    “xを入れてね”って止まっとるんじゃ。

博士:10っていれて、EXEキーを押すんじゃ。

かずみ:...
    ポチッ、ポチッ、ポチッ。

fx-502p_9.png

かずみ:まだHLTって出てるわよ。
    見た目変わんないし。

博士:次はyを入れてねって止まっとるんじゃ。

博士:10っていれて、EXEキーを押すんじゃ。

博士:そうすると、x = 10、y = 10の時の、
    rの値が出るはずじゃ。

かずみ:じゃあ、ポチッ、ポチッ、ポチッ。

fx-502p_5.png

かずみ:まあ、rっぽい値が出たけど、
    また、HLTって出て止まってるわよ。

博士: そうじゃ。
    EXEキーを押せば、次はθが出るはずじゃ。

かずみ:ポチッっと。

fx-502p_6.png

博士:どうじゃ、素晴らしいじゃろう。

かずみ:...

かずみ:まあ、私はこれでプログラムを組むなどという
    怪しい事をしようとは思わないけど...

かずみ:ところで、“xの値を入れてください”とか
    でないの?

博士:fx-502Pに日本語を表示する機能はない

かずみ:じゃあせめて“x?”ぐらいは?

博士:fx-502Pに希望するアルファベットや記号を
    表示する機能もない。

博士:まあ、何の値を要求されているかを
    覚えておくしかないな。

かずみ:...

かずみ:オッケー、オッケー
    別の貸してください。

博士:また、そんな事を言って。

博士:このfx-502Pはじゃな、歴史に残る名機なんじゃぞ。

博士:ポケットサイズで、
    学生が根性だせば買えるぐらいの値段で、
    プログラムできる関数電卓が手に入るなんて
    画期的なことだったんじゃ。

博士:当時は、fx-502Pを持たずんば理系の学生に
    あらずってぐらいじゃな...

かずみ:博士、別の貸してください、
    べ・つ・の

博士:えーっ、プログラムしなけりゃいいじゃないか?

かずみ:いやです。
    間違って変なモードになったらお手上げです。

博士:そんな時はスイッチをいれ直せば大丈夫じゃ。

博士:皆も関数電卓に飽きてきた頃じゃぞ。
    そろそろ勘弁してくれんかのう...

かずみ:べ・つ・のぉ~!!

博士:しょうがないなぁ。
    じゃあ、完動品で超シンプルな物を貸そう。

博士:え~っと、たしかこの棚の
    ここら辺に入っとったはずなんじゃが....


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ            
にほんブログ村 <ポチッとm(._.)m
コメント

こんばんは。

たしか、昭和55年ごろだったかと思いますが
バイトして漢数電卓を買ったんです。


最後まで候補にあったのですが高くて買えず
結局、FX-39 にしたのを思い出しました。

このころから、ぼちぼち 秋葉でマイコンなるものが
登場してきたように記憶しています。

>学生が根性だせば買えるぐらいの値段で・・・
するって~と Mr・へぼいは、根性なしってか(^^;


ゲームです。

ゲームをやらせれば、かずみくんのプログラマブル関数電卓に対する偏見の念も晴れます!(本当か?(^^;))

RE:Mr・へぼい様、

いえ、根性無しなんてそんな...
この頃はサラリーマンの初任給が
10万円ぐらいのだったはず。

学生であられたとすると...
そうですね「生活費をケチって1ヶ月間
飲まず食わずでバイトしてでも
fx-502Pを手に入れたい」というぐらいの
根性が無かっただけでは。

RE:ポール・ブリッツ様、

博士
そうじゃ、かずみくん。

かずみ
なにっ?

博士
fx-502Pじゃ、ゲームとかもプログラムできるんじゃぞ。

かずみ
えっ、本当?
体感ゲームとか、3Dゲームとか?

博士
いや、そこまでは無理じゃが、
例えばじゃな...

博士
次々ランダムな数字が迫ってくるんじゃ。
時間内に正解の数字を入力すれば消える。

かずみ
...

博士
間違うと数字がどんどん溜まっていって、
埋め尽くされたらゲームオーバーじゃ。

博士
どうじゃ?

かずみ
...
だから、別のを貸してって言ってるでしょ!!

やっぱり今の子には最低でもFX-702Pレベルでないとダメか……(^^;)

あれは専門誌にRPGのプログラムまで載ったからなあ。

そういう問題じゃない?(^^;)

RE:ポール・ブリッツ様、

当時はfx-502Pのゲームも
結構楽しかったのですが。
まあ、数字しか出ませんので
大いなる工夫が必要でしたけど。
ちなみにfx-502Pの
本当の持ち主は兄でしたが。

fx-702PだとBASICが使えますし、
ポケコンの走りみたいなものですよね。
ハンディパソコンなんてうたい文句でしたし...
でも、かずみくんは満足しそうにないですね。
やっぱりカラーグラフィック搭載で、
バリバリ動く3Dゲームじゃないと。

私が未だ持っているfx-510と比べても,確かにボタンが多いですね...
fx-510でさえ使いこなせなかったので,こうした上位機種を拝見するとオドロキですね.

RE:トラの父様、

コメントありがとうございます。

fx-502pの姉妹電卓ですね。
でもfx-502pぐらいからの関数電卓って
実際使った事がない関数が
いっぱい搭載されているんですよね。
その分キーも多くて、
まあ、一部の人には重要な関数なんでしょうけど。

なつかしい

はじめまして。

懐かしい電卓です。
プログラムを組んで計算をさせたのですが、なかなか結果が出てこないでので、ラーメンを食べにいってきました。戻ってきてもまだ「う〜ん」と「うなって」いるみたでした。徹夜しても2、3の結果しか得られなかった、と記憶があります。

関数電卓は10万円以上したのが、数年で劇的に安くなり、3万台になった時に購入しました。シャープ製だったような記憶があります。1年以内にそれを落として修理に出そうとしたら、1万くらいで、機能もアップ、表示も指数表示があり、それに乗り換えました。カシオ製だったような。

私にとってプログラム電卓はこの機種が最初で最後でした。

RE: m.k.masa様、

コメントありがとうございます。

関数電卓でプログラムを組まれていましたか。
素晴らしい。確かに計算遅かったですよね。
正直言いますと、
私は関数電卓よりもポケコン世代なんです。
fx-502Pも大学生だった兄が買って
私に見せびらかしていました。
いつの間にか私の物になったのは内緒です(時効成立済)。
でも、ここで紹介した物は後日手に入れ直したものです。
兄の物はとっくに行方不明...

初期のシャープ製というと
ピタゴラスを名のる前の関数電卓でしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ドクターアキヤマのレトロな計算道具たち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。