プロフィールにゃ

ドクターアキヤマ

Author:ドクターアキヤマ
ドクターアキヤマ(通称「博士」);
現役大学教授(工学部).
専門は化学.
誕生日:アインシュタインと一緒.
(ほしのあきさんと五木ひろしさん
とも一緒)
趣味:レトロな物コレクション.

かずみ;
工学部の??年生.
4兄弟の2番目で、おじいちゃん、
おばあちゃんも同居しているという
8人家族.
工学部に進んだ理由は“数学が苦手
だから敢えて挑もうと思って...”.
なぜか用も無いのに
博士の研究室に入りびたっている.


カレンダーにゃ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事にゃ


最新のコメントにゃ


最新のトラックバックにゃ


月別のアーカイブにゃ


カテゴリにゃ


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:電卓
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。

LE84_01_02.png

博士:Canonが昭和49年(1974年)に発売したLE-84じゃ。

かずみ:本当だ。
    数字が真っ赤なのね。

博士:そうじゃ。
    液晶出現直前はカシオミニのように蛍光で
    緑色に光る数字の電卓が多かった。

博士:でも、少数じゃがこの電卓のように
    赤色LED(発光ダイオード)で、
    数字を表示する電卓もあったのじゃ。

かずみ:でもLEDってそんなに昔からあったのね。

博士:赤色LEDは古いぞ、
    青色や緑色のLED開発はずっと後じゃがな。

かずみ:LEDっていうと、エコって感じがするな。
    今も、“省エネのためにLED照明を”って
    宣伝してるじゃない。

かずみ:だから、液晶の電卓より、
    LEDの方がエコなんじゃない?

博士:根本的に勘違いしておるぞ。
    液晶は自ら光らないんじゃ。
    でも、LEDは自分で光る。

かずみ:..( ̄ヘ ̄)う~ん。

かずみ:博士が何を言いたいのかわかりませ~ん。

博士:じゃあ、ちょっと部屋の電気を消してみるんじゃ。

かずみ:(@Д@)

かずみ:はぁ~っ、ありえないでしょう、
    電気を消せだなんて。

かずみ:アカハラの次はセクハラですか~。

博士:いや、いや、
    何も、変な事は考えとらんわ。

博士:失礼なやつじゃな。
    入口のドアも開け放しとるし、
    何かできるわけなかろう。

博士:かずみくんと居て
    危ないのはこっちの方じゃよ。

かずみ:...。
    (¬_¬)

博士:面倒なやつじゃな。

博士:じゃあ、この双眼鏡貸してやるから、
    わしから十メートル離れたとこからでも
    見とくんじゃな。

パチッ

かずみ:な~んだ、
    この部屋って電気を消しても、
    真っ暗じゃないんですね。

博士:当たり前じゃ。
    窓のブラインドも開いとるからの。

博士:じゃあ、白液晶のEL-808と
    LEDのLE-84の数字を見てみるんじゃ。

wlc05.png

かずみ:博士っ、
    EL-808の方は何も見えません。

博士:そうじゃろう。

博士:LE-84はどうじゃ、

LE84_03.png

かずみ:電気をつけていたときと同じように
    くっきりと見えます。

博士:LEDは自分で光っているから暗い所でも見える。
    でも、液晶は自分では光らないから、
    外部の光に頼るしかないんじゃ。

博士:じゃから、
    部屋を暗くするとEL-808は使えない。

博士:もっとも、LE-84もキーが見えないから
    ブラインドタッチするしかなくなるがのう。

博士:やっぱり自分で光るとある程度の
    電力が必要なんじゃ。

博士:じゃから、LED電卓より液晶電卓の方が、
    省エネということなんじゃ。

かずみ:ふーん、なるほどね。
    液晶って外から光を当てる必要があるんだ~。

博士:そう。
   液晶テレビなんかバックライトといって、
   光源がついているのが普通じゃ。

博士:このバックライトが電気を消費する。

かずみ:つまり、
    やっぱり液晶を電卓に搭載したのは
    画期的だったてことね。

かずみ:゜∀゜!!

かずみ:そうか、だから博士の広~いおでこも
    電気を消したら光ってなかったんだ。

かずみ:いつも、てかてかしているから、
    てっきり発光しているかと思ってた。

博士:......。

博士:でじゃ、
    話は戻るが、液晶のおかげで
    電卓は薄型化も進んだんじゃ。

wlc06_07.png

博士:これが、SHARPが昭和50年(1975年)に
    発売したEL-8010Sじゃ。

かずみ:へーっ、手帳サイズなのね。

博士:そうじゃ、日本初の液晶電卓
    EL-805発売から二年後に
    手帳サイズで薄さ9mmの電卓の登場じゃ。

博士:これはボタン電池サイズの充電池で稼動する。
    こうなると完全にポケットにも入るのぅ。

博士:まあ、尻ポッケに入れたら、
    曲がってしまいそうじゃがな。

かずみ:ところで、博士、
    さっきから、日本初って言っているけど、
    世界で始めて液晶を搭載したのはEL-805
    じゃないの?

博士:商用で成功したという意味では、
    SHARPのEL-805が初めてじゃが、
    アメリカでは1972年に液晶搭載電卓が
    発売されておる。

博士:じゃあ、次はあれじゃな。
    え~っと、たしかこの棚の
    ここら辺に入っとったはずなんじゃが...。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ              
にほんブログ村 <ポチッとm(._.)m

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ドクターアキヤマのレトロな計算道具たち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。