プロフィールにゃ

ドクターアキヤマ

Author:ドクターアキヤマ
ドクターアキヤマ(通称「博士」);
現役大学教授(工学部).
専門は化学.
誕生日:アインシュタインと一緒.
(ほしのあきさんと五木ひろしさん
とも一緒)
趣味:レトロな物コレクション.

かずみ;
工学部の??年生.
4兄弟の2番目で、おじいちゃん、
おばあちゃんも同居しているという
8人家族.
工学部に進んだ理由は“数学が苦手
だから敢えて挑もうと思って...”.
なぜか用も無いのに
博士の研究室に入りびたっている.


カレンダーにゃ

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新の記事にゃ


最新のコメントにゃ


最新のトラックバックにゃ


月別のアーカイブにゃ


カテゴリにゃ


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:加算器
博士:基本的に機械式計算器と同じじゃ。

かずみ:あ、なるほどね機械式計算器ね...
    え~っと...どうやるんだったっけ?

博士:...
    ようは足し算の延長じゃな。
    掛けたい回数足すんじゃ。

かずみ:...そうか思い出した。

かずみ:博士にだまされた
    嫌な記憶がよみがえってきたわ。

博士:人聞きが悪いなぁ~
    別にだましたわけじゃないじゃろう。
    かずみくんが勝手に先走って...

かずみ:(一___一)じろ~

博士:しつこいと嫌われるぞ。
    はい綺麗さっぱり水にながして~

かずみ:はい、はい。

博士:...
    じゃあ、まずあの時と同じ8 × 3じゃな。

博士:クリアしといたほうが良いだろうから
    “T”を押して、次に“8”っと

かずみ:“T”に“8”ね、はい、はい、ポチ、ポチッ。



博士:ちなみに、下の窓には打った数字の
    桁数が表示されとるぞ。



博士:“8”だから一桁で“1”じゃ。

かずみ:講釈はいいから。
    8を3回足せばいいわけね。

博士:まあ、そういうわけじゃな。
    “×”キーを押してみるんじゃ。



かずみ:“8”って印字されたわよ。
    ようするに“8”を1回足したわけよね。

かずみ:( ̄ー ̄?)ん

かずみ:でも、これじゃ“+”キーと
    同じじゃない。何が違うの?

博士:微妙に違うんじゃな、これが。

博士:まず、掛け算だから、
    “×”キーを押しても“8”がクリアーされないんじゃ。

かずみ:...どういう事?

博士:つまり“+”キーの場合は“8”を足した後、
    8をクリアーして新しく足す数の入力を
    要求するわけじゃな。
    色々な数を足す必要があるわけじゃから。

博士:だが、掛け算は“同じ数”を足すわけだから、
    “8”と押した後“×”キーを押した数だけ、
    同じ“8”を足していくんじゃ。

かずみ:分かるような、分からないような...
    博士って、あいかわらず説明が下手ね。

博士:...

博士:まあ、つまり、最初に数字を入れて
    掛けたい数だけ“×”キーをおせば
    良いんじゃよ。

博士:“+”キーじゃ毎回数字を入れないと
    いけないわけじゃ。

博士:それに“×”キーを押した回数が
    キーボードの横の窓に表示されるから
    便利なんじゃ。



博士:まだ、1回しか押してないから、
   “1”って出とるじゃろう。

かずみ:まあ、良く分からないけど、
    結局掛け算は“×”キーを押しなさいってことね。

かずみ:じゃあ、
    あと、2回押せば合計3回になるから、
    ポチッ、ポチッっと。

かずみ:8が3回印字されて、窓も“3”ってなるわけね。





博士:そうじゃ。
    これで、8 × 3の値を計算できたはずじゃ。

博士:“C”キーで掛け算モードをリセットして、
   “T”キーで合計の表示じゃ。

かずみ:ポチッ、ポチッっと。



かずみ:なるほどね。
    まあ、低学年の小学生の問題だけど
    8 × 3で24なわけね。

博士:そうじゃ、凄いじゃろう。

かずみ:...
    ちょっと何が凄いかわからないけど、
    こうやって掛け算ができることは理解できたわ。

かずみ:機械式計算器の回す操作の代わりに、
    これは押すって感じなけね。

博士:まあ、そういうわけじゃ。

かずみ:ところで、博士、

博士:なんじゃ?

かずみ:3掛けるぐらいは問題ないんだけど、
    例えば“298”なんて掛ける場合は
    どうするの?

かずみ:まさか“×”キーを298回押すんじゃないでしょうね?

博士:いい質問じゃな。
    じゃあ、298回押してみるか?

かずみ:絶対に嫌よ!!もうだまされないわよ。
    何かあるんでしょ。

博士:何か簡単な方法があると思うじゃろう。
    だがな機械式計算器と違って、
    これには位を動かす機能がないんじゃ。

かずみ:位を動かす...
    あ~そうだったわね。

かずみ:機械式計算器じゃ、
    十の位、百の位って具合に
    足す所の位を調整して計算するんだったわね...

かずみ:えっ、これにはその機能がないの?

博士:残念ながらな。

かずみ:じゃあ、やっぱり、298回押すの?

博士:物分りがいいな...

かずみ:(´・ω・`)

博士:なんてねぇ~
    そんなわけないじゃろう。

かずみ:...

かずみ:バットでぶん殴るわよ。

博士:そんな、本気で怒らなくても...
    冗談じゃよ、冗談。

博士:つまりじゃな。
    機械式計算器で計算した
    578 × 298の場合で説明すると、

博士:当然、298回押しても計算できるが...
   
かずみ:( ¬^¬ )/

博士:わかった、わかったから。
    57,800 × 2 + 5,780 × 9 + 578 × 8 でも
    同じ答えになるじゃろう。

かずみ:...
    ......なるほどね。

かずみ:578 × 200は57,800× 2に
    等しいというわけね。

博士:そうじゃ、そうじゃ。
    その原理で計算するんじゃ。

博士:じゃあ、“T”でクリアして“578”じゃ、
    そして、“×”を8回押すんじゃ。

かずみ:ポチ、ポチ、ポチ...



博士:これで、578 × 8を計算したわけじゃ。

かずみ:まあ、さっきの通りよね。

博士:次に、“0”キーを押すんじゃ。
    すると“578”一番右の桁に0が加わる、
    つまり、“5,780”が足される数になるんじゃ。

かずみ:へぇ~、そんな機能があるんだ。

博士:で、“×”キーを9回っと。

かずみ:9回ね、結構めんどいわね~
    ポチ、ポチ、ポチ...



博士:後は一緒じゃな。
    もう一回“0”を押せば“57,800”になるからな、

博士:そして、“×”キーを2回じゃ。

かずみ:はい、はい。
    ポチ、ポチ、ポチッと。



博士:これで、
    57,800 × 2 + 5,780 × 9 + 578 × 8を
    計算したことになるはずじゃな?

かずみ:たぶんね。
    足す順番は逆だけどね。

博士:じゃあ、“C”キーと押して“T”キーで合計のじゃ。



博士:答えの172,244じゃな。

かずみ:...つまり、
    やっぱり機械式計算器と同じってわけね。
    回すかボタンを押すかの違いね。

博士:まあ、そうじゃが、
    労力してはかなり軽減されるはずじゃ。

博士:あ、そうそう、
    この計算も57,800 × 3 - 578 × 2 の方が
    ボタンを押す回数が少なくてすむぞ。

博士:ここらへんも機械式計算器と一緒じゃな。

博士:電動加算器によっては、
    各ボタンの役割とか押し方が微妙に違ったりするが、
    基本的機能はだいたい同じじゃ。

かずみ:まあ、回すよりは確かに楽かもね。
    でも、さすがに電卓にはかなわないな~。

博士:だから、電動加算器は
    すぐ消えたんじゃろうな。
    用途が電卓と完全に重なるしな。

博士:ところで、かずみくん、
    電動加算器は“割り算”もできるんじゃぞ。

かずみ:...

かずみ:“へぇ~っ、割り算ができるなんてすごーい”...
    なんて言うわけないでしょう。

かずみ:騙されないわよ。

かずみ:どうせ、また、何回引けるかを
    計算するやり方なんでしょう。

博士:それが、そうじゃないんじゃ。
    実に画期的な方法なんじゃ...

かずみ:えっ、画期的???

博士:そうじゃ。
    で、割り算の計算方法なんじゃがな...


スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:加算器
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。

博士:これが謎の電動加算器、
    東京電気が発売したBC-43Hじゃ。



かずみ:“謎”って?

博士:実は詳細が良く分からないんじゃ。

博士:電動加算器自体、
    極短い期間しか日本では製造されとらんしな、
    あまり資料が残っていないんじゃ。

博士:このBC-43Hも詳細不明じゃ。
    この巨大さとその機能から考えると

博士:おそらく昭和30年代の終わりぐらいに
    製造された物だと思うんじゃが...

博士:ところでかずみくん、
    東京電気って憶えとるじゃろう?

かずみ:えっ、東京電気...
    “東京”......

かずみ:えらく、グローバルな名前ね。

博士:東芝の姉妹会社じゃよ。

博士:ほれ、機械式計算器のブルースターを
    作った会社じゃ。
    今は東芝テックという名前じゃがな。

かずみ:あ~ぁ、そうだったわね。
    全く記憶にないけど。

博士:...

博士:東芝はトステックというブランド名で
    電動加算器を発売してたんじゃ。

博士:多分、これはトステックを名乗る前の
    機種じゃろう。

かずみ:ふ~ん。
    これもまた随分大きいわね。

博士:まあ、電動加算器も徐々に小型化したみたいだが、
    モーターや印字機構などは小型化も限界があるしな。
    電卓みたいにはいかんのじゃ。

博士:それに、電動加算器は短期間で
    開発・改良も終わったしのう。

かずみ:で、どうやって計算するの?

かずみ:まさか、九九(くく)が必要だったり、
    繰り上げが面倒だったりするんじゃ
    ないでしょうね。

博士:そんなに難しく無いぞ。
    わしも、説明書が無くて最初は戸惑ったんじゃがな、
 
博士:別の加算器の説明書を入手できたんじゃ。

博士:これは、大洋ビジネスマシーンズ社の
    Gloriaの説明書だが基本的な操作は同じじゃよ。



かずみ:べつの加算器の説明書ね。
    このGloria自体は持ってないのね?

博士:いや、持っとるぞ。
    単に壊れとるだけじゃ。

かずみ:はぁ~それも壊れているのね...
    で、捨てずに保存しているわけね。

博士:当たり前じゃろう。

かずみ:...
    最近博士の部屋がゴミ屋敷に思えるんだけど。

博士...
    貴重品の宝庫の間違いじゃ。

博士:え~っと、この説明書によると、
    1日1時間の練習を1ヶ月続けると、
    ソロバン2級以上の計算能力がつくらしい。



かずみ:えっ、1日1時間を1ヶ月...
    全部で30時間ね...

かずみ:“わ~、たったそれだけで
    マスターできるなんて凄い計算機ね“
    って言うわけないでしょう。

かずみ:この忙しいかずみちゃんに
    そんな時間はないわよ。

かずみ:それに何ソロバン2級って、
    意味がわからないわ。

博士:まあ、まあ、電動加算器も
    ソロバンをライバル視してたって事じゃよ。

博士:ソロバン2級って言えばかなりの計算能力じゃ。

博士:その計算能力を“たった30時間で
    身につけられるよ”って事で、
    宣伝になったんじゃ。

博士:それに説明書によると
    ポチポチと電卓みたいに計算できるし
    問題ないぞ。

かずみ:...

かずみ:まあ、いいわ。
    じゃあ、計算してみせてよ。

博士:そうじゃな、じゃあ簡単な3桁の
    足し算で254 + 179を計算してみるか、

博士:まず、“T”キーを押して、
    これまでの計算結果をクリアーじゃ。



博士:そして、“2”、“5”、“4”って押して、
    最後に“+”を押す。



かずみ:紙に254って印字されたわよ。

博士:そうじゃ、つまり最初の値“0”に
    254を足す操作をしたことになる。

かずみ:...つまり、あれね。
    加算式の電卓と同じってわけね。

博士:イエスっ。

かずみ:...
    まあ、だいたい見えてきたわ。

かずみ:つぎは“1”、“7”、“9”、“+”って
    押せばいいわけね。



博士:そう、そう。
    どうじゃ、加算式もいいもんじゃろう。

かずみ:いいも悪いもないわよ。

かずみ:“加算式”って、もう、何度も、何度も、
    何度も、何度も、何度も、何度も、
    聞かされたからね。

かずみ:でも、加算式電卓だったら、
    “+”じゃなく“+=”ってキーになってて
    計算結果が表示されたと思うんだけど?

かずみ:これは、179って、
    今、入れた数が出るだけなんだけど。

博士:そうじゃ。
    電動加算器はそれまでの結果を
    出力するために最後に“T”キーを押すんじゃ。

かずみ:じゃあ、“T”キーっと、



かずみ:なるほどね。
    答えの433が印字されたわ。

博士:そうじゃ、“433 T”で
    トータル433って意味じゃろうな。
    なあ、簡単じゃろう?

かずみ:まあねぇ~
    そう言われればそんな気もしてきたけど。

かずみ:じゃあ、引き算は
    数字の最後に“-”を付ければ
    いいって事なの?

博士:お~、その通りじゃ。

博士:最近、かずみくんが
    “ちょっとだけ”賢くなってきて、
    わしゃ、嬉しいぞ。

博士:最初は幼稚園からやり直した方が
    いいんじゃないかと心配していたんじゃが。

かずみ:...

かずみ:じゃあ、433から、
    258を引くには、

かずみ:“2”、“5”、“8”、“-”って押して、



博士:...

かずみ:あ、なるほどね。
    引き算は“赤”で表示されるのね。

かずみ:で、“T”キーと...



かずみ:あれ?
    赤で答えが258って出たんですけど。
    ???

かずみ:答えは-258ってこと?
    壊れてない?

博士:最初に言ったじゃろう。
    “T”キーはそれまでの計算結果を
    “クリアー”するんじゃよ。

博士:だから、433 - 258じゃなくて、
    0 - 258 を計算したんじゃ。

博士:つまり、-258ということで
     赤で258って表示したわけじゃ。

かずみ:...

博士:“T”キーじゃなく“S”キーを押せば、
    値をクリアせずに計算結果を表示できるんじゃ。

かずみ:...

博士:つまり、もう一回やり直してみると、
    “2”、“5”、“4”、“+”、“1”、“7”、“9”、“+”、
    “S”キーじゃ。



博士:ほれ“433 S”って表示されたじゃろう。

博士:そして、“2”、“5”、“8”、“-”で、

博士:最後に“T”キーじゃ。



博士:答えの“175”じゃ。

かずみ:...使いづら。

博士:まあ、慣れの問題じゃ。

博士:当時は、機械式計算器から、
    電卓に切り替わっていく頃じゃ。

博士:いくらなんでもそろそろ人力は...という
    時代だったんじゃが、

博士:開発が始まったばかりの電卓は
    サラリーマンの年収以上の価格じゃ。

博士:この当時電動加算器はだいたい5~7万円ぐらいの
    定価のはずじゃ。

博士:まあ、機械式計算器2台分、
    電卓の10分の1程度だったんじゃ。

博士:それなりに需要があったんじゃよ。
    慣れれば操作も問題ない。

かずみ:まあ、そう言われるとねぇ~
    機械式計算器みたいにグルグルは
    必要ないしねぇ~

かずみ:でも、これ加算器って事は、
    掛け算・割り算はできないじゃないの?

博士:そんな事はないぞ。
    そのキーをみてみぃ。



かずみ:あっ。本当だ。
    “×”キーがあるじゃない。

かずみ:このキーを使って
    電卓と同じように計算できるのね!!

かずみ:じゃあ、許せるかも。

博士:かずみくんに許してもらおうとは
    電動加算器も思ってないじゃろうが...

博士:実は、そうは問屋が卸さないんじゃ。

かずみ:えっ、違うの...卸してよ問屋さん。

博士:掛け算の計算方法なんじゃがな...


DATE: CATEGORY:加算器
ガチャン、ドゴン、バカン
ドシン、バコッ、ガタン、


かずみ:博士っ?大丈夫?

ガクン、ジョジョダチ、バチン
ドガン、ガクン、バタン


かずみハー・カー・セェーーーッ

博士:ん、なんじゃ???

博士:あっ、かずみくんか...

かずみ:“あっ、かずみくんか”じゃないわよ。
    どうしたの?

かずみ:廊下まで、すごい音が轟いてるわよ?

博士:お~っ、そうか、すまん、すまん。
    何でもないんじゃ。
    じゃあ、またな。

かずみ:“じゃ、またな”じゃなくて、
    いったい何してるの?

博士:ん...まあ、ちょっとな。
    電動加算器を修理しとるんじゃ。

かずみ:へっ、電動加算器って?

博士:これじゃよ。





かずみ:わっ、きったな。 

かずみ:何、この機械?
    サビとホコリだらけじゃない。

博士:どうやら、長い間倉庫の奥にでも
    放っておかれたみたいなんじゃ。

博士:ホコリどころか泥だらけだったし、
    枯葉まで挟まっておったんじゃ。

博士:これでも、だいぶましになった方じゃ。

かずみ:泥と枯葉だらけ...

かずみ:ゴミ捨て場から拾ってきたの?

博士:そういうわけじゃないが、
    まあ、忘れられていた物を保護したんじゃな。

かずみ:保護ね~

かずみ:ところで、加算器ってことは...
    博士の悪趣味の計算道具ってわけね。

博士:イエス、その通り!!
    悪趣味じゃなくて崇高な趣味じゃがな。

かずみ:イエスね...あいかわらず、
    元気一杯ね、博士って。

かずみ:悩みとかなさそうで羨ましいわぁ~

博士:失礼な事を言うな!!
    若きウェルテルみたいに
    苦悩に満ちた毎日をじゃな...

かずみ:“若きウェルテルの悩み”って、
    婚約者のいる女性に
    横恋慕する話じゃなかったっけ?
  
博士:...
    え~っ、おっほん、

博士:ほれ、この通り
    カバーをはめれば綺麗なもんじゃ。



博士:これはじゃな、
シチズン事務機より昭和40年(1965年)に
    売り出されたCA-10じゃ。

博士:シチズン事務機の電動加算器の第1号なんじゃぞ。
    会社のホームページにも
    歴史的計算器と記載されとる機種なんじゃ。

かずみ:この、小汚いのが?

博士:もとは綺麗だったんじゃ。

博士:当時の最先端技術を投入したハイテク製品じゃ。
    保存されとった環境が悪かっただけじゃ。

かずみ:まあ、そうなんでしょうけどね...
    で、電動加算器って...

かずみ:あのカチャカチャってやるやつとか、
    棒で上下に数字を動かす
    面白計算器の電動バージョンなわけ?

博士:別に、あれらも受けを狙った計算器
    じゃないと思うがな。

博士:確かにリコーアレックスとか
    POCKET CALCULATORとかは
    手動加算器と分類されるが、

博士:電動加算器は
    手動加算器の電動というよりは
    機械式計算器をモーターで
    動かすイメージに近いかな。
   
かずみ:機械式計算器をモーターで...
    つまり、手で回す代わりに
    モータで回すってこと?

博士:厳密には違うんじゃがな。
    あくまでも、イメージ的にはじゃな。

博士:実際にモータードライブの
    機械式計算器というのもあってな、
    あれは、ほぼ手回しをモーターに
    置き換えたものなんじゃ。

博士:電動加算器も
    モーターを動力にして機械的に
    計算するという点では同じじゃな。

かずみ:ふ~ん、まあ、いいや。

かずみ:で、その電動加算器の修理をしてたわけね。

博士:わしの電気は専門じゃないが、
    分解掃除や油を注すぐらいはできるからな。

博士:電動加算器はモーター駆動で
    印字もガチャガチャやるし
    とにかく五月蠅いんじゃよ。

博士:今修理中じゃったから
    カバーも外しとったしな。
    だから、騒音がしとったわけじゃ。

かずみ:でも、それ直してもどうせ実用は無理なんでしょ?

博士:まあ、使おうと思えば使えるじゃろうが、
    性能は100円電卓の足元にも及ばんしな。

かずみ:でも、修理するんだ~

博士:いいじゃないか。

博士:電動加算器は
    欧米ではポピュラーで人気の計算機だったんじゃよ。

博士:日本でもな、
    機械式計算器という大輪の花から
    電卓という大輪の花に切り替わる
    その隙間のごく短い時期にじゃな...

博士:小さな花を、
    ほんの小さな花を咲かせでじゃな...

かずみ:はい、はい、
    博士のこだわりは常人には理解不能だから、
    それ以上の解説は必要なくってよ。

博士:...

かずみ:じゃあ、ちょっと計算してみせてよ。

博士:ん、計算か...

博士:まあ、確かに修理を試みたんじゃが、
    わしの手に負えなかったという結論じゃな。

かずみ:はぁ~っ?

かずみ:お金と手間ひまかけて、
    実用に耐えないものを、
    騒音を出しながら修理しようとして、
    で、結局、動かなかったの?

博士:だからじゃな、電動加算器は...

かずみ:わかった、わかったから、
    じゃあ、動くのは持ってないの動くのは?

博士:動くやつか...あるぞ。

博士:じゃあ、まずこのCA-10を戸棚にしまって...

かずみ:えっ、捨てないの?
    修理できなかったんでしょ?

博士:何いうんじゃ、捨てるわけないじゃないか。
    このCA-10はじゃな...

かずみ:ストップ、ストップ!!
    もう、いいって。

かずみ:とにかく、さっさと動く電動加算器を出してよ。
 
博士:オッケー牧場じゃ。

かずみ:...
    ホント、博士って悩みなさそうね。

博士:ん、何か言ったか?

かずみ:何も言ってないわよ、はやく。

博士:そうか、じゃあ、
    え~っと、あれは、この棚の
    ここら辺に入っとったはずなんじゃが...。


DATE: CATEGORY:マロンたん
かずみ:みなさぁ~ん、かずみですぅ~。

かずみ:今日は博士公認でおじゃましてまーす。

かずみ:なんてね~、うっそ~。
    博士非公認です。

かずみ:だって、博士、出張してるもんね。

かずみ:わたしにスケジュールを教えるなんて、
    博士もぬけてるよね~。

かずみ:では、
    今回は“思う存分マロンたん”といきましょうか。

かずみ:では、第4巻の表紙ね。

maro10(320).jpg

かずみ:う~ん。
    ちょっと顔デカすぎ~。

かずみ:まあ、当時の画力じゃ、こんなものでしょう。

かずみ:では、次ぎは、第...何話だったっけ...
    まあ、いいや。

maro10_h.jpg

かずみ:「夢落ちかよ!!」っていうやつ。
    まあ、プロの漫画家さんでも、
    たまにやっちゃうから。

かずみ:えっ、季節感...

かずみ:ほら、この前の“いもほり”と
    同じ時期に書いたのよ、たぶん...
    忘れちゃったけど。

かずみ:まあ、細かい事は気にしないっと。

かずみ:じゃあ、次ぎは...

ガタ、ガタッ

かずみ:(||゚Д゚) ひっ 

博士:こら~、
    留守中に部屋に忍び込んで何やってるだ!!

かずみ:きゃ~でた~メガネぶたお化け~
    =(ノTдT)ノ ピューッ

博士:ふっ、たまには懲らしめてやらんとな。
    19日には帰ってきたんじゃよ。

博士:いや~でもロッカーは狭かったな...

博士:ん、でも、かずみくん、
   いま、何か変な事叫んでなかったっけ...


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ              
にほんブログ村 <ポチッとm(._.)m

DATE: CATEGORY:電卓
博士:カシオミニショックの前にじゃな、
    実はオムロンショックというのがあったんじゃ。

かずみ:ん、なにそれ?
    やっぱり安い電卓を発売したってこと?

博士:その通りじゃ。
    かずみくん、すごいじゃないか、
    春の珍事じゃな。

かずみ:...

博士:QTシリーズにしろ、EL-8にしろ、
    定価10万円のオーダーじゃろう。

かずみ:まあ、そうね。
    小さくはなった...と自称しているけど、
    価格は高いわね。

かずみ:おいそれと手が出る物じゃなさそうね。

博士:そうじゃろう。
    この頃の電卓は10万円前後で争いを
    してたんじゃ。

博士:ところがオムロンがな、
    一気に5万円を切る値段の電卓、オムロン800を
    昭和46年(1971年)6月に売り出したんじゃ。

かずみ:へーっ、つまり価格を半額にしたってこと。

博士:まあ、そうじゃな。
    キリのいい5万円を割るってのはインパクトが
    大きいじゃろう。
   
かずみ:まあ、そうね。
    物を買うときキリのいい数字を下回ると
    お得に感じるものね。

かずみ:じゃあ、これが、
    そのオムロン800なわけね。



博士:いや、違うぞ。

かずみ:はいぃぃ~っ...!!

かずみ:今の話の流れからだと
    どう考えてもオムロン800が
    出てくるはずなんですけど...

博士:そのラベルをみてみぃ。



かずみ:“CITIZEN”...???

博士:そうじゃ。
    それは、シチズン事務機の電卓じゃ。

かずみ:...

かずみ:ちょっと、みえないです。
    博士がこの電卓を出して何を言いたいのか
    理解不能っす。

博士:見た目はオムロン800にそっくりなんじゃよ。
    たんにラベルの違いぐらいじゃ。

かずみ:はぁ~...で?

博士:だから、これもOEMなんじゃよ。
    前にもコクヨの電卓は
    シャープのOEMって言ったじゃろう。

博士:あれと同じゃ。

かずみ:なるほどね、つまりシチズンはオムロンから
    OEMで電卓供給を受けていたって事ね。

博士:その通りじゃ。

博士:オムロン800のOEMがシチズンエイトなんじゃ。
    オムロン800と同じ時期に、
    同じ値段の49,800円で発売されたんじゃ。

かずみ:なるほどね。
    じゃあ、これが、そのシチズンエイトなわけね。

博士:いや、違うぞ。

かずみ:...

かずみ:あの~、そろそろ“パンチ”いいっすか?

博士:だから、もう一回、よ~くラベルを、
    見てみるんじゃ。

かずみ:え~っ...

かずみ:CITIZEN...Eight、
    ほら、シチズンエイトじゃない。

かずみ:そのぐらいの英語、
    いくら中学英語で挫折した私でも
    お茶の子さいさいよ。

博士:...

博士:最後になにかついとるじゃろう?



かずみ:...Eight...マイナス...えっと“8”...

かずみ:??? ゜∀゜!!

かずみ:エイトつまり8よね。
     8 - 8でゼロっと。

かずみ:古いくせに、オシャレなネーミングなのね。

博士:...
     いや、最後の文字は“S”じゃろう。

かずみ:へっ...S...
     Sってなに?

博士:わしも何の事かわからんかったのじゃが、
     裏側に“Eight-Special”って書いてあるんじゃ。

博士:つまり上位モデルなんじゃな。

かずみ:何がちがうの?

博士:見た目はオムロン800やシチズンエイトと
    そっくりなんじゃが、
    こいつはバッテリーを内蔵しておるんじゃ。

博士:だから、ほれ、この通り、



博士:電源コードを外しても使えるんじゃよ。

かずみ:ふ~ん。
    つまり、コードレスタイプってことね。

博士:まあ、そうじゃな。

かずみ:で、値段はいくらなの?

博士:さあ~あまり情報がなくてな。
    見た目が同じって事は同時期の発売じゃろうから、

博士:49,800円からバッテリー分高かったかもな。

かずみ:せっかく5万円を切る値段にしたのに
    高かったら意味無いじゃない。

博士:そんなこともないじゃろう。
    コードレスの必要のない人はノーマルタイプ。

博士:コードレスで使う用途のある人は、
    少しぐらい高くても“スペシャル”を買うじゃろう。

博士:選択肢の幅を広げたんじゃな。

かずみ:ふ~ん、なるほどね。

かずみ:じゃあ、そのオムロンショックの後、
    電卓が安くなったわけね。

博士:そうじゃな。
    10万円前後の争いから、
    今度は5万円前後の争いになったんじゃ。





博士:例えば、これは
    昭和47年(1972年)の1月に発売された
    東芝最初の小型電卓トスカルミニシリーズの
    BC-801Bじゃ。

博士:後発なだけあって、
    EL-8より小型で価格も49,800円だから、
    持ち運びと当時の標準的な価格を
    両立させた電卓じゃな。

かずみ:そうね~
    いまの電卓とは比較するのが可哀想なぐらい
    大きいけどね。

かずみ:まあ、EL-8より薄いし、
    なんとか持てるぐらいになってきたかな~

かずみ:でも、昭和47年ってカシオミニが出た年じゃ
    なかったっけ?

博士:おー憶えっとったか、その通りじゃ。

博士:でも、どうしたんじゃかずみくん。
    ひょっとして花粉症で逆に頭が
    活性化したんじゃないか?

博士:よくボーッとなったりすると聞くが、
    君は日頃からボーッっとしとるからな、

博士:逆に活性化することもあるかもな。

かずみ:...

かずみ:じゃあ、5万円前後の争いってのは
    短かったわけね?

博士:まあ、そうなんじゃが、
    カシオミニは6桁電卓なんじゃ。

博士:だから、暫くは値段が高くても8桁電卓の
    需要もあったんじゃ。

博士:すぐに低価格化してったがな。

かずみ:ふ~ん。

かずみ:じゃ、この後、電卓は、
    どんどん小さく、どんどん安くなったわけね。

博士:まあ、そうじゃな。

博士:そのうち、カオスっぷり全開の電卓も
    出現し始めたがな。

かずみ:えっ、カオスって?

博士:え~っとじゃな...

博士:あっ、いかん、いかん。
    いくらなんでも学会の準備をしないと...

博士:また、今度な。

かずみ:...

かずみ:...わかったわよ。
    また、今度ね、じゃあね~。

博士:えらく、素直じゃな。
    やっぱり春の珍事じゃ...

博士:あれ?
    わしのスミソニアン博物館...
    じゃなくってSOBAX ICC-500は何処いったっけ?

かずみ:ほれ、
    ~~_('○';)おっとっと

博士:あぁぁ~っ...


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ            
にほんブログ村 <ポチッとm(._.)m
DATE: CATEGORY:電卓
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。



博士:これが、QT-8Bをさらに改良して、
    携帯サイズまで小さくしたシャープのEL-8じゃ。

博士:昭和46年(1971年)に、84,800円で発売されたんじゃ。
    片手で持てるサイズになっとるじゃろう。

かずみ:う~ん...まだ、かなりデカイですけど...
    私の可愛い小さな手じゃ持てない~。

博士:...
    冗談はさておきじゃな...

かずみ:...

博士:これもQT-8DやQT-8Bと同じフォントじゃろう?



かずみ:そうね、これにも個性的なフォントを使ったのね。

かずみ:それに、やっぱり値のない桁は“0”って
    表示するしね。



博士:まあ、当時の標準的な仕様で
    携帯サイズ目指したんじゃよ、

かずみ:でも、博士、やっぱりこれ持つの辛いわ~
    重いし...

かずみ:それに思いっきり、ぶ厚いんですけど~



博士:中を開けてみると
    単三サイズの充電池が6本入ってるんじゃ。

博士:重さもさることながら、
    そのスペースを確保せにゃならんしな。

博士:当時の汎用品で頑張ったんじゃよ。

博士:充電池の性能も今よりかなり劣とったんじゃから
    贅沢は言えんよ。

博士:価格もQTシリーズより安くなっとるじゃろう。

博士:まあ、タイガー計算器が昭和45年(1970年)で
    製造終了したのも当然じゃろうな。

かずみ:まあ、手に持てなくはないけどね...

かずみ:で、これが携帯サイズの最初の電卓なわけね?

博士:そうじゃなぁ~
    何をもって携帯サイズというか微妙じゃがな...

博士:この前年の昭和45年(1970年)5月に
    SANYOからICC-82Dという充電池内蔵の
    携帯サイズ電卓が発売されとるんじゃ。



博士:一般に世間では、これが充電池内蔵
    最初の携帯サイズ電卓って言われとるな。

かずみ:世間ではねぇ~、
    “私の世間”では聞いた事もないけどね~。

かずみ:でも、携帯サイズにしてはでかいわよ、これ。
    片手で持てるレベルじゃないし。

博士:まあ、片手で持てるというよりは、
    持ち運びできるという意味の携帯サイズじゃな。

博士:ほれ、実はこんな内側が赤布張りの
    高級そうな箱に入っとってな、



博士:その箱に持ち運び用の取っ手が
    付いとるんじゃよ。

博士:定価115,000円と高級品でな、
    表示は8桁だが16桁まで計算可能なんじゃ。

博士:持ち運ぶときも、丁寧に、丁寧に
    取り扱ったんじゃよ。

かずみ:...
    相当な力持ちさんが運んだのね。

かずみ:これは、シャープの電卓と違って
    普通っぽいフォントなのね。
    オール“0”は一緒だけど。

博士:まあ、今と同じ漢字の“日”に近い
    7つの棒で数字を表す方式じゃな。
    一般に7セグメント方式というじゃ。

博士:実はこのICC-82Dは
    ニキシー...冷陰極表示放電管を使った
    モデルもあるんじゃよ。

かずみ:へ~っ、そうなんだ。
    でも確かそのうんたらなんちゃら管って
    もの凄く電気が必要で、
    廃れたって話じゃなかったっけ?

博士:まあ、そうなんじが、
    この電卓のごく初期のモデルは
    冷陰極表示放電管を使ってたんじゃ。



博士:ほれ、左側が7セグメント方式の表示管を
    使ったICC-82Dで、
    右側が冷陰極表示放電管をつかったモデルじゃ。

かずみ:はあ、左側と右側ね。
    見た目は一緒よね。
    ボタンも一緒だし、デザインも差が無いし。

かずみ:どれどれ、えっと、左側が...



かずみ:そのセブン...なんちゃらね。

かずみ:それで、右側が...???

かずみ:博士っ、何も表示されてないわよ??真っ暗よ。

博士:そうじゃろうな~壊れとるからな~

博士:本当~に、残念じゃ。

かずみ:...出た。
    博士得意の「壊れとるんじゃ~」。

かずみ:そんなの、意味無いじゃん。
    表示方式が違うのに何も表示されないじゃ。
    比較も何もそれ以前の問題よ。

博士: しょうがないじゃろう。
    ニキ...冷陰極表示放電管は、
    壊れやすいんじゃよ。

博士:でもじゃな、こうやって
    表示管のところを目を凝らしてじゃな...



博士:なんとなーく、数字の形をした電極が...

かずみ:見えないわよ。

博士:そうか、簡単にあきらめず、もう一回良~く...

かずみ:...多分、博士みたいに脳内補完をしないと、
    見えないわよ。

博士:...

かずみ:最近、博士のマニアっぷりも
    磨きがかかってきたわね...

かずみ:そのうち、エア電卓とか
    エア機械式計算器とかやり出すんじゃ
    ないでしょうね。
博士:...
    絶対に捨てないからな~。

かずみ:はい、はい、
    別に私に関係ないし御勝手に。

かずみ:じゃあ、この昭和45年とか46年ぐらいから、
    携帯サイズの電卓が出てきたわけね。
    わたしは携帯しようとは思わないけど。

博士:まあ、そうじゃな。
    色々なメーカーも競りあって、
    小型化と低価格化を目指したからな。

かずみ:なるほどね~。

かずみ:でも、大きさもまだまだだけど、
    価格も高いわね~。

かずみ:カシオミニショックだったっけ?
    カシオが12,800円で
    携帯電卓を売り出したのは?

博士:お~っ、良く憶えておったな。
    そうじゃあれが昭和47年じゃから、
    そこに繋がっていくわけじゃな。

博士:でも、実はカシオミニショックの前に
    もう一つ“電卓業界に”衝撃が走った
    出来事があったんじゃ...

かずみ:何、それ?

博士:それはじゃな...

博士:え~っと、あれは、この棚の
    ここら辺に入っとったはずなんじゃが...。


-------------------------------------------
かずみ:博士の本が当たってしまった可哀想な皆様、

かずみ:発送の準備が整ったようです。

かずみ:博士っ、予定より早かったわね?

博士:まあ、出版社が気を利かしてくれたんじゃろう。

博士:本が当たってラッキー、
    早く手に入ってラッキーのダブルラッキーじゃ。

かずみ:そうね、不運と幸運で帳消しね。

博士:...

かずみ:すでに、一部の方には発送したのよね?

博士:昨日の夕方な。
    早ければ週末、遅くても週明けには届くじゃろう。

かずみ:じゃあ、最後の幸せな週末になっちゃうかもね。

博士:...

かずみ:そう、そう、博士っ、16日から出張だったわよね?

博士:学会でな、20日まで不在じゃ。
    ネットもメール確認ぐらいしかできないかもな。

かずみ:...

かずみ:しょうがないな~。
    そんなに博士が頼むんだったら、
    その間ブログの管理は私が...

博士:予約投稿という方法があるから、
    ブログ更新も問題ないんじゃ。
    少しの間だし管理も必要ないな。

かずみ:...チェッ。

かずみ:帰ってくるのは20日の夕方だったっけ?

博士:予定ではな。

かずみ:なるほどね。
    ( ̄ー ̄)にやり
-------------------------------------------

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ            
にほんブログ村 <ポチッとm(._.)m
DATE: CATEGORY:その他
かずみ:博士、
    震災から今日でちょうど2年ですね。

博士:そうじゃな。
    長かったような、
    短かかったような...

かずみ:ところで、博士は地震が起こった時には
    何してたんですか?

博士:トイレの個室に入っとったんじゃ。

博士:最初は軽い揺れかなと思っとったんじゃが、
    どんどん揺れが激しくなってきてな
    あわてて飛び出したんじゃ。

かずみ:それで?

博士:研究室に飛び込んで、
    学生の安否を確認をしたんじゃ。

博士:講義は休みの期間じゃったが、
    大学院生は実験をやっとったからな。

かずみ:特に問題は無かったの?

博士:幸いなことにな。
    学生も直ぐに安全確保したみたいで、
    無事じゃった。

博士:実験装置も揺れが来てすぐに止めたみたいで、
    問題なかったな。

かずみ:よかったわね。

博士:身の安全確保が第一じゃからな。

かずみ:その後は?

博士:皆で建物外の安全な場所に避難して
    様子をみたんじゃ。
    また、大きな揺れが来たら大変じゃからな。

かずみ:ふーん。

博士:しばらくして、
    帰宅を促すアナウンスががあってな、
    家に帰り始めたわけじゃ。

博士:まあ、後から考えると、
    この判断は軽率だったかもしれんな。

博士:学生も苦労したみたいじゃが
    わしも家まで5時間ぐらい歩く事に
    なったんじゃ。

博士:電車が完全に止まっておったからな。

博士:うちの大学も帰宅困難者等に、
    建物を開放しとったからな。

博士:無理する必要はなかったんじゃ。
    こういう時こそ冷静にならんといかんな。

博士:家に着いたときは本当にへとへとじゃった。

かずみ:大変だったのね。

博士:正直、最初は何で自分がこんな目にと思ったが、
    色々な情報が入ってくるにつれて、
    たかが5時間歩いたぐらいで文句を
    言っとった自分が恥ずかしくなったな。

かずみ:わたしもTVを観てて恐くもなったけど、
    被災者の方々のことを思うと涙が止まらなくて。

博士:そうじゃな。
    すぐに何かができるわけじゃないが
    居たたまれないというかな...

かずみ:その後も大変だったわよね。

博士:そうじゃな。
    震災の後遺症で原発が白煙を上げるし、

博士:身近には計画停電で電車も動かんしな。
    車で通勤しようにもガソリンも手に入らん。

博士:これまでの当たり前の生活が
    成り立たんかったな。

博士:まあ、でも、
    被災者の方々に比べれば些細なことじゃな。

かずみ:そうね。
    いまでも、元の生活に戻れるどころか、
    先のめどが立たない方々が大勢いらっしゃるしね。

かずみ:何の罪も無いのにね...

かずみ:ところで、博士、
    被災地にボランティアに行った
    学生さんとかいないの?

博士:たくさんの学生が、
    現地にボランティアに行ったぞ。

博士:学内でそういうプロジェクトも立ち上がった。

かずみ:えらいわね。

博士:そうじゃな。
    本当に頭が下がるな。

博士:でも、ボランティアに行っていない
    学生も被災地の事を考えていないわけじゃないぞ。

かずみ:と、いうと?

博士:同僚の教授が学生に言っておったんじゃが、

博士:「今後、復興のために君たちの力が
    必要になるだ。5年、10年の長いスパンで
    いま自分がするべき事を考えて行動
    することも大切だって。」ってな。

かずみ:ん~と、つまり、
    今、学生として勉学に勤しむ事も
    結果として復興支援に繋がるってこと?

博士:まあ、そういう意味じゃろうな。

博士:だから、多かれ少なかれそういう思いを抱いて、
    学生も頑張っていると思うぞ。

かずみ:なるほどね。

かずみ:では、今日はここら辺で失礼します。

DATE: CATEGORY:電卓
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。



博士:これが、MOS-LSIを4個搭載して、
    電子回路をすべてLSIで構成した世界初の電卓、

博士:昭和44年(1969年)に発売された
    シャープのQT-8Dじゃ。

博士:定価も99,800円だから、
    10万円を切る低価格を実現したんじゃ。

博士:いくら35,000円とはいえ、
    そろそろ機械式計算器も退場じゃな。

かずみ:なるほどね。
    確かに小さくなってるけど、
    まだまだ、携帯には...

かずみ:あれ、博士、シャープ製っていったよね。

博士:そうじゃ。
    シャープ製じゃぞ。



かずみ:正面に堂々とコクヨって書いてあるわよ。
    その横にSHARPって。

博士:あ~、それか。
    前にも見せたよなコクヨブランドの電卓?

かずみ:そうか、何かあった気がする...
    確か3桁の電卓とか、
    白文字の液晶電卓とか...

かずみ:博士がシャープのOEMとか言ってたやつね。

かずみ:でも、あれらはコクヨって書いてあったけど、
    SHRAPっては書いてなかったような?

博士:そうじゃ、
    かずみくんも以外に記憶力良くなってきたのう。
    わしの教育の賜物じゃな。

かずみ:...

博士:これは、コクヨがシャープから供給された
    初期の電卓で両会社名が入った電卓なんじゃ。

博士:まだ、正式のOEMじゃなかったのじゃろうな。
    そういう意味でも珍しい固体かもな。

かずみ:ふーん。
    で、これも加算式ね...まあ、いいけど。

かずみ:でも、このフォント独特ね。
    ちょっと微妙なんだけど...



博士:そうなんじゃよ。
    この頃のシャープの電卓は
    このフォントを採用しとってな。

博士:まあ、好き嫌いは分かれるが、
    特徴があるじゃろう。

博士:わしなんて、一瞬、あれ?これいくつだ?と
    迷ったりするがな...

かずみ:まあ、博士も年だからね。
    私は大丈夫よ、若いから。
    博士見たいに、頭、固くないし。

博士:...

かずみ:まあ、デザイン性はあるかもね。

博士:このQT-8Dじゃが、
    2005年にIEEE マイルストーンに認定された
    シャープの4台の電卓のうちの一つなんじゃ。

かずみ:アイトリプル...マルイ...なんとかって、
    なにそれ?

かずみ:舌噛みそうなんだけど...
    デパートから何か認定されたの?

博士:こIEEE マイルストーンじゃな、
    アメリカの電気電子学会が、
    電気・電子技術などの分野における
    歴史的偉業を認定するものなんじゃよ。

博士:例えば、東海道新幹線なんてのも
    認定されとるんじゃ。

かずみ:へ~っ、すごいじゃない。

博士:アポロ宇宙船に半導体を
    供給していた会社がこの
    QT-8DのLSIも作ったららしいから、

博士:「アポロが生んだ電子技術、
    生まれました電子ソロバン」というのが
    宣伝文句だったんじゃ。

かずみ:...アポロっていうのがなんというか、
    ピンとこないな~。

かずみ:よくおじいちゃんは、
    月面に人類初の第一歩を、
    とか言ってるけどね。

博士:まあ、そうかもな。
    わしもリアルタイムな記憶はほとんどないし。

博士:そうじゃな、アポロといえばチョコレートじゃな。

かずみ:...
    その発想がありえないんですけど~

博士:...

博士:まあ、この当時シャープに限らず、
    日本の色々なメーカーが
    電卓の開発競争をしとったからな。

博士:その中から、色々な革新的な技術が
    生まれてきたんじゃろう。

かずみ:で、博士、電卓のLSI化が進んで、
    携帯できるサイズに
    小型化されたていったわけね。

博士:そうじゃよ。
    え~っとじゃな、
    あった、あった、これじゃ。



博士:これが、シャープ製のQT-8Bじゃ。

かずみ:...

かずみ:いくらなんでも、
    そんな年じゃないのに...
    かわいそうに...

かずみ:博士ぇ~、今年は平成何年でしょ?
    お名前は言える?

かずみ:昨日の晩御飯のメニューは言える?

博士:...

博士:かずみくんこそ、よーく見るんじゃ。

博士:さっきのはQT-8Dで、これはQT-8Bじゃ。
    違う機種じゃよ。

かずみ:えっ、本当???

かずみ:そっくりなんですけど...
    まあ、強いて言えば、
    コードのところがちょっと大きくなったような...

博士:充電器に挿した状態じゃからな。
    本体にラベルが貼ってあるじゃろう?



かずみ:ん?
    CORDLESS...って事は、
    電源コードが必要ないってこと?

博士:そうじゃ、このQT-8Bは
    QT-8Dが発売された翌年の、

博士:昭和45年(1970)に発売された
    バッテリー搭載の電卓なんじゃ。

博士:見た目と同じように、
    大きさも、内部もQT-8Dとそっくりじゃ。

博士:まあ、同じスペースでバッテリーを
    搭載したんじゃから苦労したろうな。

かずみ:ってことは...
    充電器を外しても動くって事ね。

博士:まあ、そうじゃが、
    古いからな...バッテリも寿命じゃぞ。

博士:スマホなんかも数年で
    バッテリが持たなくなるじゃろう。
    これなんて40年以上前の品じゃからな。

かずみ:まあ、まあ、物はためしで...

カチャ、カチャ、



かずみ:一応、動くじゃない。
    表示がかなり暗くなるけど。

博士:バッテリも限界じゃろうから仕方ないじゃろう、
    多分すぐ切れるとおもうぞ。

かずみ:でも、いくらバッテリ搭載でコードレスといっても、
    携帯するには大きすぎよね。

博士:まあ、これは携帯というよりは、
    バッテリ搭載のデスクトップ電卓という
    しろ物じゃろうな。

博士:そうそう、
    実はこれもコクヨ&シャープブランドという
    珍しい品物じゃぞ。



かずみ:で、本当の携帯サイズの電卓は?

博士:次の世代ぐらいからじゃな。

博士:この次ぐらいから、
    デスクトップは高機能型になり
    シンプルな物は携帯サイズを目指すんじゃ。

博士:え~っと、あれは、この棚の
    ここら辺に入っとったはずなんじゃが...。


-------------------------------------------
かずみ:プレゼント企画に、
    多数の御応募ありがとうございました。

かずみ:では、結果発表です。

ジャ、ジャーン

    当選者:

     1.618033様
     かめっぽ様
     ごんにゃん様
     ちっち様、
     ナガツマン様
     ぽむぽむ様
     ポール・ブリッツ様
     みちこ様
     美瑠様
    
    以上、9名の方、御当選おめでとうございます。
    まあ、本の内容から“めでたい”かどうかは
    疑問ですけど...

    当然、

     Mr・へぼい様、
     わかな様、
     なんちゃって様、
     紅谷様

    にもお送りさせていただきます。

かずみ:えっ、5名じゃなかったのかって?

かずみ:まあね。

かずみ:わたしが博士を説得したのよ。
    そんな手元においといても腐るだけよってね。

かずみ:それと、ゴメンネ。
    13日ぐらいネットでも本屋でも買えるらしいけど、
    博士から皆さんへの発送は3月下旬になるらしいの。

かずみ:そのうち、発送先を教えてね。

かずみ:基本的に受け取れれば何処でもいいらしいわよ。
    勤務先でも、局留めでも。

かずみ:でも個人情報だけは注意してね。
    皆に公開されないようにね。
    右のメールフォーム利用が安全かも...

かずみ:そうそう、本人以外に送ってもいいらしいわよ。
    でも、他人に嫌がらせで送りつけるのはやめてね。

かずみ:じゃあ、またね。

-------------------------------------------

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ            
にほんブログ村 <ポチッとm(._.)m
DATE: CATEGORY:電卓
博士:お~っ、あった、あった、これじゃ。



博士:SONYのSOBAX ICC-500発売の翌年、
    昭和43年(1968年)に
    CANONから発売された

博士:Canola1200じゃ。
    定価は126,000だから、
    ICC-500の半分以下じゃな。

かずみ:へーっ、半値以下なんだ。
    博士の好きな半額シールより
    安いわけね。

博士:...

博士:まあ、例えばICC-500が14桁なのに
    Canola1200が12桁だったりと
    安い分機能も絞ってあるがな。



博士:でも、やっぱり安いってことは
    最大の強みじゃ。
    このCanola1200は売れたらしいぞ。

博士:発売日には行列ができて、
    一番乗りを争ったんじゃ。
    数日前からのテント組みとかいたらしい。

博士:TVも取材に来たらしいぞ。

かずみ:え~っ、すご~い。
    まるで新型スマホとか
    ゲーム機の発売みたいじゃない。

博士:冗談じゃよ。

かずみ:...博士っ、
    「オオカミと少年」って知ってる?
    まあ、博士の場合「オオカミと中年」
    だろうけど。

博士:...え~っ、オッホン、
    広告に“ごめんなさい、増産中です”
    みたいな事が書いてあったらしいから
    売れたのは確からしいな。

かずみ:これも、相当大きいわね。
    ICC-500より大きいんじゃない?

博士:確かに横幅はこっちの方が大きいな。
    まあ、これは“携帯できるんです”なんて
    男前な冒険はしとらんからな。

かずみ:機能を絞ってあるっていっても、
    四則演算は問題ないんでしょう?

博士:そうじゃよ。
    12桁までの計算はすいすいできる。
    少数点以下も2桁か4桁か選べるしな。

かずみ:ところで、キーに+と-が無いんですけど...
    まさか...



博士:さすがはかずみくん、御明察じゃ。
    この頃の電卓は加算式が主流じゃよ。

博士:むしろICC-500が特種なぐらいじゃ。

かずみ:...加算式ね。
    まあ、もう何度も出てくるから
    聞き慣れたけど...

かずみ:ところで、一つ気になる事があるんだけど?

博士:なんじゃ?

かずみ:“C”を押せばクリアーよね。

博士:そうじゃよ。
    今の電卓も一緒じゃろう。

かずみ:でも、“C”を押しても、
    “000000000000”って表示されるんだけど、
    これ、壊れてるんじゃない?



かずみ:それとも、見えないけど
    “0.00000000000”って
    小数点でも入っているの?

博士:あっ、そうじゃった。
    その話をしたかったんじゃ。

博士:これがICC-500の表示で
    工夫された所じゃ。

博士:この頃の電卓は
    全桁に“数字”が表示されるのが
    一般的だったんじゃ。

博士:数値が0の所は、
    12桁全て“0”と表示するんじゃ。

かずみ:“0”って表示するの?わざわざ?
    値が無いのに?

博士:別に間違っちゃいないじゃろう。
    数字を書くとすると0なんじゃから。

博士: だから、ICC-500は画期的だと
    言ったじゃろう。

博士:別にCanola1200が悪いわけじゃないぞ、
    標準的な仕様でじゃ。

博士:それに126,000円を達成するのは
    相当な工夫と努力が必要だったはずじゃ。

博士:さっきも言ったように売れたのが
    その成果じゃよ。

博士:“一桁一万円を達成しました”が
    売り文句だったんじゃ。

かずみ:ふ~ん...

博士:同時期というかむしろしばらく後でも
    “0”表示は普通じゃったんじゃ。



博士:これはカシオが昭和45年(1970年)に発売した
    161Kという高級機種じゃ。
    これも、かずみくんの嫌いな加算式じゃがな。

博士:独立した定数メモリーを持ってたり、
    16桁計算できる高級機じゃが、
    やっぱり数値の入っていない桁は
    “0”って表示するんじゃ。



かずみ:なるほどね~。
    いまでは当たり前のことが、
    当たり前じゃない頃もあったのね。

博士:そう“当たり前体操”じゃな。

かずみ:...
     “当たり前”と真逆なんでしょう?

博士:...
    そうじゃ、良く気づいたな。
    “当たり前じゃない体操”じゃ

博士:かずみくんが、
    ちゃんとわしの話を聞いとるか
    試してみたんじゃ。

かずみ:┐('~`;)┌

かずみ:ところで、博士、
    この161Kもやっぱり大きいんですけど。

博士:この161KはLSI電卓じゃから、
    一応はコンパクトになっとるんじゃよ。

博士:まあ、多機能が売りだから
    しょうがなかったんじゃろう。

かずみ:なるほどねLSI電卓ね...

かずみ:ところで、博士ICとかLSIって何?

博士:えっ、ここまでそれも知らずに
    わしの話を聞いとったのか...

かずみ:まあね。
    別に困んなかったし。

博士:ICってのは日本語では“集積回路”、
    LSIは“大規模集積回路”じゃな。

博士:さらにVLSI、
    “超大規模集積回路”ってのもあるぞ。
    VLSIが出てくるのは1980年代じゃがな。

かずみ:...すみません、
    私の専門は“化学”なんで、
    普通の言葉でわかり易く言ってもらわないと。

博士:...
    ほら、中学や高校で習ったじゃろう、

博士:電気回路を組むときの素子、
    例えば、抵抗とかコンデンサーとか
    トランジスタとか...

かずみ:...セピアナイズされた記憶だけど
    そんな単語も聞いた気もするな~

博士:まあ、平たく言うと、
    それらの電気素子を一つのパッケージに
    組み込んだものがICじゃな。

かずみ:( ´д`)???

博士:ようは、数センチの板みたいな中に、
    抵抗とかトランジスタとかが入っておって
    電気回路を作ってるんじゃ。

かずみ:ふ~ん...じゃあ、LSIは?

博士:同じぐらいの大きさの板のくせに、
    ICよりたくさん電気素子が入っているのが
    LSIじゃよ。

博士:当然、同じ数の素子だったら、
    より小さい板になるじゃろう。

かずみ:...じゃあ、VLSIは?

博士:...
    めっちゃ小さいのに、
    めちゃたくさん電気素子が入っている物じゃ。

博士:つまり、LSIを用いれば、
    ICより小型化できるってことじゃ。
    OKかな。

かずみ:まあ、私の日常生活とは無縁みたいだし、
    続けてよくってよ。

博士:じゃあ、続けるぞ、

博士:...ところで何の話しだったっけ?

かずみ:だから、LSI電卓になって
    小型化が進んだってことよ。

博士:お~、そうじゃったな。

博士:じゃあ初期のLSI電卓じゃな。

博士:え~っと、あれは、この棚の
    ここら辺に入っとったはずなんじゃが...。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ            
にほんブログ村 <ポチッとm(._.)m
DATE: CATEGORY:電卓
ゴン、ゴン、ゴン、ゴン

かずみ:博士っ、開けて、開けて、

博士: ( ̄_ ̄)

かずみ:開けて、開けて、早く、
    あ~つ、博士のお宝が...

博士:な、なんじゃと。

かずみ:ほれ、
    ~~_('○';)おっとっと

博士:...

博士:かずみくん、
    本っ当~に、心臓に悪いから...

かずみ:(6⌒∇⌒)てへっ。 

かずみ:そうそう、博士、
    舞台で目立ってたわよ~

博士:なにっ、(⌒∇⌒)
    わしの計算器が脚光を浴びておったか、
    そうか、そうか...

かずみ:えっ、何言ってるの?
    私がよ、計算器なんてたんなる小道具でしょう。

かずみ:まあ、でも、一応、ありがとうね。
    お返しするわよ、オホホホホ。

博士:...

かずみ:で、折角来たんだから、
    暇つぶしに一つ質問があるんだけど...

博士:いま、ちょっと学会の準備で忙しいんだ。
    また今度、暇~な時にでも相手してやるから...

かずみ:何、言ってるのよ。
    “この前、学会で発表するようなネタがなーい”って
    頭を抱えてたじゃない。

かずみ:“でも、役員だから
    行かないわけにはいかなーい”って。

博士:...

博士:で、質問ってのは何じゃ?

かずみ:う~んとね、
    前から思ってたんだけど電卓ってどうして
    電卓って名前なの?

博士:何じゃ、そんなことか。
   
博士:電卓ってのは、
    もともと“電子卓上計算機”の略じゃ。

博士:昭和54年(1979年)にJIS(日本工業規格)で
    正式に“電卓”になったがのう。

博士:まあ、今じゃ卓って言葉もあまり使わんが、
    テーブルや机みたいなもんじゃ。

かずみ:うーん...
    余計にわからないな~。

かずみ:おじいちゃんのカシオミニや
    博士が持ってた電卓も、

かずみ:そんな“机の上で使うって”
    強調する程のものじゃないよね。

かずみ:それに、机の上っていうより、
    手に持って操作する方が普通じゃない?

かずみ:そうね関数電卓のfx-3だったら
    手に持つのは大変そうだけど...

博士:あれらの電卓は
    小型化した後の機種じゃからじゃよ。

博士:じつは、電卓以前にリレー式計算機
    という物があってな。
   
博士:昭和32年(1957年)カシオが出した
    14-Aが日本初らしいが、あれは
    机 = 計算機みたいなもんで、
    卓上計算機とは言えんのじゃ。

博士:重さも140kg重あっららしいぞ。
   
かずみ:140キロ...博士と同じぐらい...

博士:失礼な事を言うな。
    皆、誤解するじゃろう。
    わしゃ、その半分...+αぐらいじゃ。

博士:それが、電子式になって、
    机の上で計算できる大きさになったんじゃ。

博士:昭和39年(1964年)が
    日本での電卓元年といわれとるのう。

博士:この年ぐらいから色んな日本のメーカーが
    電卓の開発・発売を始めたんじゃ。

博士:まあ、初期の電卓はICじゃなく
    トランジスタじゃから、
    卓上をものすごーく占領したぞ。

博士:重さも20kg重ぐらいあったんじゃ。

かずみ:20キロ...わたしと同じぐらい...

博士:んなわけないじゃろう。
    どうみてもその3倍ぐらい...

かずみ:...殴るわよ。

博士:え~っ、オッホン。
    まあ、そういうわけじゃ。

かずみ:じゃあ、はい。

博士:はいって、なんじゃ。
    印税か?
    その話は、前に...

かずみ:ちがうわよ。
    見せてよ、その計算機を。

博士:持ってるわけないじゃろう。
    そんなでかい物。
    この狭い部屋のどこに置けるんじゃ。

博士:それに、貴重品もいいところじゃ。
    14-Aなんて国立科学博物館で
    どうどうと展示してあるぐらいじゃ。

かずみ:なんだ博士のコレクションも
    たいした事ないわねぇ~。

博士:なんじゃとぉ...

かずみ:まあ、ない物はしょうがないわねぇ~
    二流のコレク...いや、いいわ。

かずみ:じゃあ、またね。
    春休みだし~どこに遊びに行こうかな~っと。

博士:かずみくん、ちょっと待つんじゃ。

かずみ:( ̄ー ̄)にやり

かずみ:ん、な~に?

博士:トランジスタ式の電卓は持ってないが
    初期のICの電卓ならあるぞ。

かずみ:ICの電卓ね~、へぇ~。

博士:え~っとじゃな...
    あった、あった、これじゃ。



博士:SONYの最初の市販品電卓、
    SOBAX ICC-500じゃ。
   
博士:ネーミングから、
    ICを使ってますよって自己主張しとうるじゃろう。

かずみ:えっ、SONYが電卓なんてを作ってたの?。

博士:そうじゃよ。
    大中小様々なメーカーが電卓を販売しておった。

博士:SONYは儲けが見込めなると踏んで
    ささっと撤退したがな。
    知らんのか?業界では有名な話じゃ。

かずみ:...
    ちょっと、そんな業界に知り合いがいないもんで...

博士:昭和42年(1967年)発売で、定価260,000円じゃ。
    まあ、機械式計算器が35,000円じゃから、
    7~8倍ぐらいの値段じゃな。

博士:だから、この頃までは、
    機械式計算器も価格の優位さで
    太刀打ちできたんじゃ。

かずみ:博士っ、この数字なんだけど蛍光管じゃないのね?
    LEDでもなさそうなんだけど。

博士:そうじゃよ。
    ちょっと全部点灯させてみるか。



かずみ:いつも見慣れている、
    棒を使って数字を表してるんじゃないのね?

博士:これは、
    ネオンサインと同じ原理で数字をあらわす
    ニキシー管を使った電卓なんじゃ。

博士:この時期の電卓は
    このニキシー管を使ったものが主流じゃ。

博士:真空管の中に電極として全ての数字入っとるんじゃよ。

博士:だから、数字が一列横並びじゃなく、
    前後して見えるんじゃ。

博士:高電圧が必要で
    電気を馬鹿食いするし、
    特許問題もあってすぐに廃れるがな。

かずみ:ふ~ん。
    でも、なんとなーく、温かみを感じるわね。

博士:まあそうじゃな。
    実はニキシー管は商品名で、一般名じゃないんじゃ。

かずみ:商品名って?

博士:会社が売り出した商品の名前じゃよ。
    一般名だったら冷陰極表示放電管にでもなるかのう。

かずみ:ふ~ん...
    そういえば“ホッチキス”も商品って
    聞いた事がある!!

博士:そうじゃな、あれも商品名じゃ。
    一般名じゃとステープラーかな。
    まあ、英語じゃが。

かずみ:日本語だと?

博士:...
    “針式書類等止め機械”じゃ。

かずみ:最近、針無しもあるけど?

博士:...
    それは“針無し書類等止め機械”じゃ。

かずみ:へ~っ、日本語ではそんな名前なんだ~
    でも、聞いた事無いわね~

博士:当たり前じゃ。
    わしが今思いついたんじゃから。

かずみ:...

博士:まあ、話しはもどるが、
    このICC-500はSONY初の電卓だったにも
    関わらず画期的な品物だったんじゃ。

博士:スミソニアン博物館にも収蔵されとるんじゃぞ。
    本当の博物館級じゃ。

かずみ:じゃあ、前の機械式計算器は
    偽の博物館級ってことね。

博士:...
    わしの頭の中の博物館に収蔵されとる。

かずみ:妄想博物館ってことね。

博士:...
    まあ、スミソニアン博物館は珍しいというよりも、
    歴史的に意義のある物も収蔵されとるからな。

博士:じつにコンパクト!!

かずみ:その大きさで?
    ボールペンと比較しても超でかいですけど。

博士:これでも、IC採用で画期的にコンパクトなんじゃよ。

博士:携帯性も考慮!!

かずみ:そ、それを携帯するの???

博士:そうじゃ、取っ手もついとるじゃろう、たった6.3kgじゃ。

かずみ:...

博士:バッテリも本体に装着可能なんじゃ、
    なんと一回充電すると4時間も使えたんじゃぞ。

かずみ:はあ...そうですか...

博士:みんな電卓に不慣れな頃だから、
    簡易操作マニュアルプレートも装着できる。



博士:それに、同時期の電卓と比較して
    表示方式の画期的な工夫があったんじゃ。

かずみ:工夫って? 別に普通じゃない?
    まあ、冷陰極...うんたら管は
    普通じゃないけど。

博士:ちょっと待っとれ、
    え~っと、あれは、この棚の
    ここら辺に入っとったはずなんじゃが...。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ            
にほんブログ村 <ポチッとm(._.)m

copyright © 2017 ドクターアキヤマのレトロな計算道具たち all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。